佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
二日目

 今日は、新幹線で、セゴビアに行きます。























ラ グランハの見学




『壁掛け織物(タピスツリー)』が素晴らしかったです。
(写真撮影は、禁止です。)













王立ガラス工場の見学です。







































『私の甥が歌ってるこの日本の歌を知ってますか?』



セゴビアへ





ラ・ベラ・クルス教会




































これから、セゴビアの名物料理『仔豚の丸焼き』を
 地元で評判のレストランで頂きます。




「イベリコのカルパッチョ」



茸の料理


「茸とフアグラ」の上に『トリフ』をかけます。





「ボレトス(茸)」の鉄板焼き




「ソパ デ アホ(ニンニクスープ」の新創作スープ











赤ワインのアイス、白ワインのゼリー、
      濃厚なヨーグルト、、、、、、


シェフのオスカルさんと共に。








立って歩く「風見豚」











「グラシアス!」有難うございます!








 マドリッドに到着。

 ホテルで休憩。。。。。。。。。。。。。。

夕食です。





『おなかはいっぱいなんですが、つい、手が出ました。』

  。。。。。。。。。。。。。


 マドリッド 泊




拍手[0回]


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 車椅子で行く スペインの旅 』

2010年 6月

 ①:http://sasakibon.blog.shinobi.jp/Entry/97/
 ②:http://sasakibon.blog.shinobi.jp/Entry/98/
 ③:http://sasakibon.blog.shinobi.jp/Entry/99/
 ④:http://sasakibon.blog.shinobi.jp/Entry/100/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2014年 6月

 SNJ日西文化協会 企画・主催 
  『スペイン文化研修の旅』
一人参加された
      車椅子のお客様が、
    4年ぶりにお母様と来られました。


6月12日
 日本からマドリッドに到着です。
6月13日




 マドリッド観光




プラド美術館












王宮










昼食









 『母親にこのパエリャを食べて欲しかったんです!』




『お母さん、そのレモン・シャーベットには、「カバ」が、、、
 入ってますよ。、、、「ばか」? 、、いや「馬鹿」ではなく、
「カバ」です、スペインの「シャンペン」、つまりアルコール入りですよ!』
『これ、さっぱりして、美味しいですね!アルコールは入ってないようですね!』
。。。。。。

これは、アルコール無しの「りんご酒」

。。。『あら、、アルコールが入ってたみたいですね。。。。。。』
 タクシーで、ホテルに帰り、シエスタ(昼寝)です。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ホテルから歩いて、レイナソフィア美術館へ




「ゲルニカ」をゆっくり観ていただきました。
(「ゲルニカ」写真撮影は禁止です。)













































マドリッド泊



拍手[4回]



ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***