佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5 6 7
8 12 13 14
15 16 17 18 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
     2017年 8月 

  ご夫妻のバスク漫遊の旅


          訪れる街

   ビルバオ、サンセバスティアン、オンダリビア
  
         ゲタリア、ビルバオ



      企画・案内 : 佐々木郁夫

     旅の手配 : SNJ日西文化協会




































         < 総集編 >

 *印、以下をクリックしてご覧ください。


2017年 8月 ご夫妻のバスク漫遊の旅 1

2017年 8月 ご夫妻のバスク漫遊の旅 2

2017年 8月 ご夫妻のバスク漫遊の旅 3

2017年 8月 ご夫妻のバスク漫遊の旅 4 最終回





       2017年 

    *『個人旅行』のお勧め*

*スペイン、ポルトガルの個人旅行の企画、案内に
 興味のある方は、
以下をクリックしてご覧ください。


『スペイン個人旅行』、
      そして、『ポルトガル個人旅行』
<クリック



    皆様からのご連絡をお待ちしています。

                 佐々木郁夫 拝
 

拍手[5回]

          2017年 6月

   2組のご夫妻で行く 北スペインの旅


         ・・・ 訪れる所 ・・・


    『カスティージャ・イ・レオン』

        そして、 
『バスク』 地方

  

      SNJ日西文化協会 企画・主催


       同行案内 :ぼんちゃん(佐々木)
 

              ・・・ 総集編 ・・・

































   *******************************

  < 以下をクリックしてご覧ください。>

北スペイン カスティージャ・イ・レオンとバスクの旅 1

北スペイン カスティージャ・イ・レオンとバスクの旅 2

北スペイン カスティージャ・イ・レオンとバスクの旅 3

北スペイン カスティージャ・イ・レオンとバスクの旅 4

北スペイン カスティージャ・イ・レオンとバスクの旅 5

北スペイン カスティージャ・イ・レオンとバスクの旅 6



       *************


       2017年 

    *『個人旅行』のお勧め*

*スペイン、ポルトガルの個人旅行の企画、案内に
 興味のある方は、
以下をクリックしてご覧ください。


  *
『スペイン個人旅行』、
      そして、『ポルトガル個人旅行』
<クリック


    皆様からのご連絡をお待ちしています。

                 佐々木郁夫 拝
  


拍手[3回]

2016年 9月 北スペインの旅 


三名様 個人旅行 12日間



・・・総集編・・・

 

 

訪れる街 

      

    ビルバオ(Bilbao)、Zumaia(スマイア)、Getaria(ゲタリア)、

     Santoña(サントーニャ)、Santillana del Mar(サンティジャーナ・デル・マル)、

         Comillas(コミージャス)、Potes(ポテス)、Fuente De(フエンテ・デ)、

   Burgos(ブルゴス)、Pedraza(ペドラサ)、Segovia(セゴビア)、マドリッド

 

企画・案内: 佐々木郁夫

旅の手配:SNJ日西文化協会

 日本から、北スペイン、バスク地方の街、ビルバオに到着し、3泊 します。ビルバオでは、『スペイン創作料理』で有名な、「ミニチュア料理」の『ピンチョス』や『タパス』料理を楽しんで頂きます。グッゲンハイム美術館の見学。翌日、スマイヤに立ち寄り、中世から漁業の町として栄え、捕鯨基地でもあった、Getaria(ゲタリア)を訪れ、ゲタリアの有名炭焼きレストラン、『EL KANO(エル・カノ)』で、シーフードの昼食は如何ですか。(ミシュラン1つ星)

 専用車にて、ビルバオから、カンタブリア海を見ながら西に向かい、Santoña(サントーニャ)に立ち寄り、昼食です。この日の新鮮な魚を頂きましょう。そして、『アルタミラ博物館』を訪れ、約1万8500年前の生活を体感して頂きます。中世の村・サンティジャーナ・デル・マルの、「カサ・ルラルCasa rural」(プチホテル)に到着後、村を散策しまし、夕食は村のレストラン。

 翌日は、Comillas(コミージャス)にて、建築家のガウディー作『エル カプリッチョ』を見学。そして、海から内陸(「ピコス・デ・エウロパ」)に専用車にて入って行きます。パネスの町を通り、山峡の道をデバ川に沿って、緑豊な流域の盆地にある小さな町、Potes(ポテス)を散策します。 

 『ピコス・デ・エウロパ』は、「ヨーロッパの峰々」という意味です。北スペインのカンタブリア海から約30km離れ、オビエド(Oviedo)とサンタンデール(Santander)の間(約600km)にある三つに分かれた山塊です。 (最も高い山塊が中央に在る、ト-レ・デ・セレード山Torre de Cerredo 、2.648mです。)   Potes (ポテス) の近くの、フエンテ・デのパラドールに2泊します。夕食はホテルにて名物料理です。

翌日は、パラドールから、 800m上に見える山上駅へロープウエイで登ります。展望台から、壮大なカルスト侵食の痕の大ドリーネなどを見ながら散策です。昼食は、「山小屋」レストランで食事の予定です。 ホテルに戻って休憩(シエスタ・昼寝)です。夕食をホテルのレストランにて。このパラドールにもう一泊します。

 翌日は、サンティアゴ巡礼道の要所の街、ブルゴスへ行き、世界遺産の大聖堂(カテドラル)を訪問して、『エル・シド』に挨拶に行きます。 昼食は郷土料理を頂きます。食後の散策の後、ホテルで休憩し、ブルゴスに泊まります。翌日、専用車にて、ワインの産地(リベーラ デル ドウエロ)のワイナリー(酒蔵)を見学し、郷土料理の昼食です。食後、城壁で囲まれた中世の街、Pedraza(ペドラサ)に行き、「カサ・ルラルCasa rural」(プチホテル)に泊まります。

翌日、セゴビアで、今評判のレストランで名物郷土料理「仔豚の丸焼き」の昼食です。

夕方、マドリッドのホテルに到着です。

旅の最終日は、マドリッドで、フリータイムです。ご希望のご案内をさせて頂きます。

***************

2016年 9月 北スペインの旅 
   個人旅行 12日間 1

2016年 9月 北スペインの旅 
   個人旅行 12日間 2

2016年 9月 北スペインの旅 
   個人旅行 12日間  3

2016年 9月 北スペインの旅 
   個人旅行 12日間  4

2016年 9月 北スペインの旅 
   個人旅行 12日間  5

2016年 9月 北スペインの旅 
   個人旅行 12日間  6 最終回

お客様の声
 
 佐々木 様

 次々と発生する台風のせいで、さわやかな秋晴れがなかなか訪れない日本です。

 その後、お変わりありませんか?

 スペインではすばらしい旅をありがとうございました。

 美味しいワインと料理、それぞれに趣のあるホテル、そしてホセ・ルイスさんの 

 快適な車と最高の旅を楽しみました。

 いただいたDVDは、友人との食事会の折に皆さんに見ていただいて、

 次なる旅の参加者を募りたいと思っていますので、

  またよろしくお願いいたします。

 本当にありがとうございました。

       10月1日        A.T.

**************

以下も、ご参考ください。

スペイン・ポルトガル『個人旅行』のお勧め 
  *『成田=マドリッド直行便』* 


 ・・・<クリックして、ご覧ください。

        佐々木郁夫 拝

 

拍手[9回]


2016年7月 二人で行く、
マドリッドから、
「グルメ」の北スペインの旅

 

訪れる街

マドリッド、トレド、セゴビア、そして、北スペインの、
バスク地方、
グルメの街・サンセバスティアン、
オンダリビア、
ゲタリアビルバオ

 

企画・案内: 佐々木郁夫

  旅の手配: SNJ日西文化協会 

















































以下をクリックしてご覧ください。


北スペイン個人旅行 「美味しい料理」を求めて 1

北スペイン個人旅行 「美味しい料理」を求めて 2

北スペイン個人旅行 「美味しい料理」を求めて 3

北スペイン個人旅行 「美味しい料理」を求めて 最終回


お客様の声

この度は大変お世話になりました。サンセバスチャンは素晴らしかった!佐々木様のお蔭で自分達だけでは到底経験出来ないような素晴らしい旅行になりました。

本当に有難うございました。今まで行った旅行先で今回のサンセバスチャンが一番です!

食事も景色も!期待以上でした。これも、佐々木様のガイドがあったからこそです。自分達だけではとてもこんなに感激することは出来なかったと思います。

まだ、時差ぼけが続いていて昼夜逆転してます。
落ち着きましたらブログ用の感想を又メールさせて頂きます。
大満足のコメント沢山書きますよ~。

取り急ぎ御礼申し上げます。

本当に有難うございました。 

S. K .

 

 



拍手[13回]

『北スペインの旅』のご参考 

・・・私が企画・ご案内した旅 その3 ・・・

2015年1月

*バスクの『ピンチョス』を堪能する旅

*1回 バスクの『ピンチョス』を堪能する旅 1
 
*2回 バスクの『ピンチョス』を堪能する旅 2
 
*3回 バスクの『ピンチョス』を堪能する旅 3
 
*4回 バスクの『ピンチョス』を堪能する旅 4
 
*5回 バスクの『ピンチョス』を堪能する旅 5
 
*6回 バスクの『ピンチョス』を堪能する旅 6 最終回

2015年 5月
 親子3人で行く 北スペインの旅 

 

『路線バス』と『スペイン鉄道』を利用して、

北スペインの、「アステゥーリアス地方」、「バスク地方」、

そして、ガリシアのサンティアゴ・デ・コンポステーラ、を訪れる

『漫遊の旅』です。

 訪れる街

マドリッド、サンティジャーナ・デル・マル、アルタミラ、ビルバオ、

ゲルニカ、サン・セバスティアン、オンダリビア、スマイア、

レオン、サンティアゴ・デ・コンポステーラ、マドリッド

 親子3人で行く 北スペインの旅 1
 親子3人で行く 北スペインの旅 2
 親子3人で行く 北スペインの旅 3
 親子3人で行く 北スペインの旅 
 親子3人で行く 北スペインの旅 5
 親子3人で行く 北スペインの旅 6
 親子3人で行く 北スペインの旅 7
 親子3人で行く 北スペインの旅 8
 親子3人で行く 北スペインの旅 9
 親子3人で行く 北スペインの旅 最終回
スペイン個人旅行 2015年 親子3人で行く 北スペインの旅 お客様の声

7月
*美食の街サン・セバスティアン 研修旅行


< お客様の声 >
****************

佐々木 様
 
 
この度は、私共のサン・セバスティアンの旅にご同行いただき誠にありがとうございました。
 
「世界一の美食の街を知りたい」という所から始まった今回の旅ですが、なにぶんスペインが初めてという事で右も左も分らない状況からのスタートでした。
 
旅の主催である私の上司の希望は、料理を知りに行きたいのでレストランを重点的に訪れたいという事でした。
曰く、「レストランだけ回りたいからツアーは使わない。予算が少ないから予算と合わなければガイドは無しで行く。」
(そんな無茶な…。しかしそれが結果的に佐々木様との出会いにつながったわけですが…。)
 
何とかしなくてはとインターネットで検索し、目に留まった1つのブログ。見たこともないような料理の写真、旅の様子が目に飛び込んできました。
 
「バル巡り」
 
これは理想的かもしれない…。
 
どんな方かわかりませんでしたが、藁にもすがる思いでメールを送らせていただきました。
これが素晴らしい旅の始まりとなったわけです。
 
まず日程をお伝えし、予算をお聞きしました。何も知らない私に丁寧にご説明してくださいました。
(本来なら半年、1年くらい前からご相談させていただけば、よい条件の飛行機、ホテルを教えていただけるといことを旅の中で教えていただきました。)
 
そして、2週間前という急な依頼、限られた予算にもかかわらず、快く引き受けてくださいました。
(後々考えれば、これは普通ではありえない特別な対応をしていただいたと感謝しております。)
 
サン・セバスティアンに着いてから、佐々木様に案内していただいた3日間は、驚きと感動の連続でした。
 
 7月上旬のラ・コンチャ海岸は、バカンスに入った人々でにぎわい、青い海と白い砂浜が文字通りキラキラと輝いるように感じたのを今でも思い出します。
 
そして旅の目的である美食の街サン・セバスティアンの料理はというと・・・、本当に素晴らしかった!
これは言葉では言い表すことができません。一言添えるなら、「生まれて初めて体感した味」がそこにありました。
 
実は、佐々木様にご紹介していただいた料理が特別だったのだと、改めて認識させられた出来事がございました。
サン・セバスティアン初日の夜に、日本語ガイド帯同で、2時間・20,000円で3軒まわる美食ツアーに参加した時のことです。
(ガイドが見つからなかった場合に備え、サン・セバスティアン初日の夜にグルメオプショナルツアーを申し込んでいました。2時間も待っていただき申し訳ございませんでした…。)
 
たしかに、どの店も賑わっているお店でしたが、あれ、見た目が…、あれ、味が…、初日のお昼に佐々木様にご紹介していただいた料理とは明らかに違うように思いました。
衝撃的だったのは、港町で新鮮な食材があふれているサン・セバスティアンにおいて、日本でもメジャーな「カニかまぼこ」が出てきたことでした。
ツアー会社を通じてのオプショナルツアー、失敗でした。あの料理の内容で、2時間・20,000円…、カニかまぼこ…。
さあ、気を取り直して2日目のスタートです!(笑)
 
あと、感謝申し上げたいことがもう1つございます。
料理を知る旅、とはいえ人間は食べ続けることはできません。料理と料理の間にうまく観光を織り交ぜていただきました。
普段日本で見る事のできない美しいバスク地方の景色には、おなかだけでなく心も満たされました。予算をかけず、流れの中で観光させてしまうテクニック、流石です。
 
特に印象深かったのは、フランスとの国境近くの、とあるレストランで食事を終えた時のことです。
「ちょっとフランス行ってみますか?」その一言で始まるフランスへの旅。
 
その国境近くの街では、国境となる川を渡るために地元の人々が使う渡し船が行き来しており、それに乗ってフランスに渡れるとのこと。
金額、1.8ユーロ。たった250円くらいでフランスへ行ってカフェオレを飲んだ経験は、日本へ帰ってからの良い土産話になりました。
 
夢のような素晴らしい3日間は心とおなかを満たし、素晴らしい経験と思い出を私共に残してくれました。それもこれもすべて佐々木様のおかげです。
 
最後になってしまいましたが、毎日夕食が終わる23:00過ぎまでお付き合いいただき、また、きちんと帰れるようにとホテルに帰るまで同行していただきました事、感謝しております。
本当にありがとうございました。
 
また、スペインを訪れる予定が立ちましたら、今度は早めに(笑)ご連絡入れさせていただきます。その際は、またよろしくお願いいたします。
 
K・K 

*1回 美食の街サン・セバスティアン 研修旅行 1
*2回 美食の街サン・セバスティアン 研修旅行 2
*3回 美食の街サン・セバスティアン 研修旅行 3 
 美食の街サン・セバスティアン 研修旅行 お客様の声

*マドリッド、バスク、バルセロナの
   『バル巡り』の旅

*1回 マドリッド、バスク、バルセロナの『バル巡り』の旅 1
*2回 マドリッド、バスク、バルセロナの『バル巡り』の旅 2
*3回 マドリッド、バスク、バルセロナの『バル巡り』の旅 3
*4回 マドリッド、バスク、バルセロナの『バル巡り』の旅 4
*5回 マドリッド、バスク、バルセロナの『バル巡り』の旅 5
*6回 マドリッド、バスク、バルセロナの『バル巡り』の旅 6
*7回 マドリッド、バスク、バルセロナの『バル巡り』の旅 7 最終回
 マドリッド、バスク、バルセロナの『バル巡り』の旅 お客様の声

*ご夫妻の、北スペイン・バスク 漫遊の旅

*1回『 ご夫妻の、北スペイン・バスク 漫遊の旅』1
*2回『 ご夫妻の、北スペイン・バスク 漫遊の旅』2
*3回『 ご夫妻の、北スペイン・バスク 漫遊の旅』3
*4回『 ご夫妻の、北スペイン・バスク 漫遊の旅』4
*5回『 ご夫妻の、北スペイン・バスク 漫遊の旅』5
*6回『 ご夫妻の、北スペイン・バスク 漫遊の旅』6
*7回『 ご夫妻の、北スペイン・バスク 漫遊の旅』最終回 7
スペイン個人旅行 2015年9月 お客様の声 
 

仲間グループで行く、オリジナルの旅
  北スペイン、バスク、ピレネー、バルセロナ、

スペイン個人旅行 仲間グループで行く、オリジナルの旅(15年9月)  お客様の声

家族4人の『 バスク地方 』と『 バルセロナ 』への旅

家族4人の『 バスク地方 』と『 バルセロナ 』への旅 1
家族4人の『 バスク地方 』と『 バルセロナ 』への旅 2
家族4人の『 バスク地方 』と『 バルセロナ 』への旅 3
家族4人の『 バスク地方 』と『 バルセロナ 』への旅 4 最終回

*******************************

拍手[12回]



ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***