佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
4 5
11 12
13 14 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
     2017年 8月 

  ご夫妻のバスク漫遊の旅


          訪れる街

   ビルバオ、サンセバスティアン、オンダリビア
  
        ゲタリア、ビルバオ


      企画・案内 : 佐々木郁夫

     旅の手配 : SNJ日西文化協会


< 三日目 >

 今日は、まず、ケーブルカーに乗って、
「コンチャの海岸」を上から眺めます。

 そして、路線バスにて、漁村・ゲタリアへ行って
『エルカーノ』に挨拶しましょう。

8月13日 日曜日



















   喫茶店で、コーヒータイム。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。





 ゲタリア行きのバス停まで歩きました。



 路線バスに乗って、ゲタリアへ











 ゲタリアに到着し、
  「観光インフォメーション」へ行きました。


ここ、ゲタリアは、
 「チャコリ(バスクの白ワイン)」の産地です。


       『マゼラン』

 西へ航海に出たのに、東から帰ってきました。







         『マザラン』


  『フアン セバスティアン エルカーノ』

 彼が『一艘』で帰ってきましたが、
  大量の『香辛料』を積んで来ました。










            『エルカーノ』








  ゲタリアの地酒、「チャコリ」

 買い物の後、これから昼食です。





 今朝、港にあがった「鯛」です。






         「アサリ」


    この鯛は、、最高でした!


   デザートのチーズと花梨のジャム

  
海を見ている『エルカーノ』

 街の散策の後、路線バスで、
   サンセバスティアンに戻ります。

     。。。。。。。。

   ホテルで、休憩(シエスタ)
   。。。。。。。。。。。。。。



シエスタ(昼寝)の後、サンセバスティアンの
 旧市街の『バル』にご案内しました。




































拍手[1回]

      2017年 8月 

  ご夫妻のバスク漫遊の旅


          訪れる街

   ビルバオ、サンセバスティアン、オンダリビア
  
        ゲタリア、ビルバオ


      企画・案内 : 佐々木郁夫
     旅の手配 : SNJ日西文化協会


< 二日目 >    


8月12日 土曜日







 路線バスにて、サンセバスティアンへ 
  
 11:20 ビルバオ発 Bilbao  
 12:30 サンセバスティアン着 
      San Sebastián / Donostia



 タクシーにて、ホテルへ 
  ホテルの部屋に荷物を置いて、出かけます。



路線バスにて、
 フランスとの国境の街、「オンダリビア」へ


   オンダリビアに到着。


 レストランの向かいの教会


これから、このレストランで昼食です。


   バスクの白ワイン『チャコリ』


        「魚のスープ」


        「アンチョビ」


 このレストランの自慢料理『鮟鱇』



* 小船に乗って、フランスに渡りませんか?









 フランスの「エンダイヤ」に到着です。











 喫茶店にて、本場の「カフェオレ」で休憩。

   。。。。。。。。。。。。。。。



 「渡し舟」でスペインに戻り、
路線バスにて、サンセバスティアンへ戻ります。



今日から、サンセバスティアンのお祭りです。







 今日の夕食です。





  サンセバスティアン 泊


       *************


       2017年 

    *『個人旅行』のお勧め*

*スペイン、ポルトガルの個人旅行の企画、案内に
 興味のある方は、
以下をクリックしてご覧ください。


『スペイン個人旅行』、
      そして、『ポルトガル個人旅行』
<クリック



    皆様からのご連絡をお待ちしています。

                 佐々木郁夫 拝
 

拍手[0回]

    2017年 8月 

  ご夫妻のバスク漫遊の旅


         訪れる街

  ビルバオ、サンセバスティアン、オンダリビア
  
       ゲタリア、ビルバオ

      企画・案内 : 佐々木郁夫
     旅の手配 : SNJ日西文化協会


8月11日 金曜日
 
12:50 ビルバオ 空港到着

 タクシーにて、ホテルへ

 チェックインの後、昼食にご案内します。







昼食 美味しい「タパス」料理の店をご紹介します。


 
       「イカ墨のコロッケ」




        「フアグラ」


       「鮟鱇と野菜」

 バスクの白ワイン『チャコリ』をお勧めしました。

   。。。。。。。。。。。。。。。。

食後、レストランから歩いて街の散策です。

*ビルバオ観光











「ビルバオ・グッゲンハイム美術館」






















 徒歩にて、ホテルに戻り少し休憩。

   「シエスタ」(昼寝)。。。
  。。。。。。。。。。。。。。。。。

 ビルバオの旧市街へ出かけます。








夕食は、今評判の『バル』にご案内しました。


     「蟹のTENPURA」


         「ホタテ」


       「タコ」(鰹節)


       「茸のリゾット」


      「WAGYU」のステーキ



         市役所





拍手[1回]

      2017年 7月


     友達二人で行く 初めてのスペイン


       < 小さな街を訪ねて >


            訪れる街


     マドリッド、トレド、アランフェス、クエンカ

        アルバラシン、アビラ、セゴビア


 
         第 6 回 最終回



最終日のマドリッドで、

 ご希望の観光(買い物)にご案内しました。


六日目 7/05(水) 終日自由行動

   移動は、市バスを利用しました。










 オリエンテ広場

ご希望の「お買い物」の店にご案内しました。






  ボビンレース





これから、昼食です。



「牛の生ハム」で有名なこの店にご案内しました。




 これがこの店自慢の「セシーナ」(牛の生ハム)


         ピーマン


        鱈の卵料理







 「すみれ」のキャンディーの店







 太陽の門(ソル)広場



「キロメートル 0 地点」




    ホテルに戻り、少し休憩。

   。。。。。。。。。。。。。。。

 夕方、ホテルから、歩いて街の散策です。


17世紀初め、
 ここで「ドン・キ・ホーテ」が印刷されました。











 マヨール広場







『揚げたての「チュロス」が食べたい~、、、』

 この店にご案内しました。













     「サン・ミゲル市場」



 マヨール広場界隈の「メソン街」
















        イワシの酢づけ


      名物の「マッシュルーム」





最後の夜は、フラメンコを
 見ることになり、ご案内しました。























 ホテルまで、お送りしました。

マドリッド 泊

七日目 7/06(木) 
 09:30 ホテルを出発して、空港へ



        さようなら~ 

   またお会いしましょう !!!!!
  フィンランド航空にて出発
   AY3184便 マドリッド→ヘルシンキ 1020→1530
7/07(金)
 AY079便 ヘルシンキ→名古屋 1715→0850(7/07着)
 0850 名古屋 到着


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



       *************


       2017年 

    *『個人旅行』のお勧め*

*スペイン、ポルトガルの個人旅行の企画、案内に
 興味のある方は、
以下をクリックしてご覧ください。


  *
『スペイン個人旅行』、
      そして、『ポルトガル個人旅行』
<クリック


    皆様からのご連絡をお待ちしています。

                 佐々木郁夫 拝
  

拍手[6回]

      2017年 7月


     友達二人で行く 初めてのスペイン


       < 小さな街を訪ねて >


            訪れる街


     マドリッド、トレド、アランフェス、クエンカ

        アルバラシン、アビラ、セゴビア


 
            第 5 回



今日は、マドリッドから、路線バスで、

 アビラの街、セゴビアの街へ行きます。

五日目 7/04(火) 
 1日でアビラとセゴビアの2都市周遊









 アビラに到着。

タクシーにて、街の全景を見に行きます。




























 「サンタ テレサ」








ここで、「サンタ テレサ」は、誕生されました。
  (1515年3月28日)






「サンタ テレサ」が洗礼を受けた教会



         マヨール広場







       公設市場







 有名な、アビラ牛  (チュレトン アビラ)


カテドラル(大聖堂)

これから、昼食です。








      「クワハーダ」と蜂蜜




1.5リットルのミネラル・ウオーターの自販。。





 これから、セゴビアへ行きます。






    「サン ミジャン教会」






































    市役所

  マヨール広場



        カテドラル














         アルカサール

































 路線バスでマドリッドに戻ります。



マドリッドのバスターミナルから、
    地下鉄で街の中心へ



 下町の『バル巡り』です。





  「鱈の天ぷら」     「鱈のコロッケ」























 歩いて、ホテルまでお送りしました。


マドリッド 泊



 




 

拍手[5回]



ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***