佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6
9
17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター

スペイン・ポルトガルの「個人旅行」



 

*ご参考           

2019年後期 スペイン・ポルトガル

 個人旅行のご案内

 

       (上記を、 クリック   して、ご覧下さい。)

 

 只今、 今年の、夏の8月後半 から、9月前半、 秋(10月)、

  そして、冬(11月、12月)の、『個人旅行』のお問合せ、

    お申し込みを受付けています。

 

* 9月以降の旅を計画されてる皆様、

   そろそろ、旅の手配を始める時期となります。

 

< 個人旅行の「旅の手配」をスムーズに進める為に。 >

 

*「個人旅行」の旅は、できるだけ早く、ご準備されて下さい。

 いろんな「ガイドブック」や日本の旅行会社の『パンフレット』などを観ながら、また、ネットでの『個人ブログ・旅行記』なども参考になさり、
『旅の夢』を膨らませてください。

 そして、半年以上前から、日本からの往復航空チケットを、各航空会社のインターネットの公式のホームページで、「価格の比較」などしながら、検索されてください。

私へのお問い合わせも、予定の旅の日程の、半年以上前に、ご連絡いただければ、日本からの航空券のアドバイスや、ご希望の旅に付いてのアドバイスも余裕をもってお答えできます。


 大切な「お金」で旅をなさるのですから、ご自身の納得のいく『オリジナルの旅』にお出かけ下さい。


*メールのやり取りで皆様の「オリジナルの旅」が生まれます。

スペインへの旅に興味のある皆様から送られたメールに、私が即、メールにて返事をお送りし、『自分たちだけのオリジナルの旅』の企画が、皆様と私とで生まれていきます。

「数日間のオリジナル旅行」マドリッド近郊の世界遺産の街・トレド、セゴビアの観光「バル巡り」、
 などが、皆様とのメールのやり取りで生まれ、ご自身の旅が始まります。

「数日間のオリジナル旅行」も、『企画した者が案内する旅』となり、旅の途中でも、皆様のご希望を聞き、相談しながら、現場でコーディネートし、アレンジしながらの、皆様自身のオリジナルの『漫遊の旅』となる訳です。


 また、このような『手作りの旅』の意味を理解して、その趣旨にあった手配を行なうのも、

全て、必要な情報に精通したスタッフがチームプレーで行なっています。

私の旅を手配していただいている重要なスタッフが、

『 SNJ日西文化協会 』です。


*「旅の手配」の開始時期について。

 個人旅行の手配を、ご自身で2ヶ月前から始められた方から、次のような、メールでの問い合わせが

在りました。『希望の日の、アルハンブラ宮殿の入場券が買えません。そして、移動手段の列車(新幹線)や、

国内線飛行機のチケットも「希望の時間」には無く、ホテルは予約してしまったのに、その日に移動できないのです

が、どうすれば良いか、お助け頂けないでしょうか、、!?』、、と相談を受けました。

しかし私には何も助ける事は出来ませんでした。 

 旅の日程を、数ヶ月先にされるのをお勧めするしか在りませんでした。

 旅の手配の開始時期は、「予定の旅の日程」に近づく程、『国内線飛行機』などは特に、

料金が上がって行きますのでの、
少なくとも4ヶ月前頃」には、手配を始める準備をしなければ成りません。

また、「アルハンブラ宮殿」や、「サグラダファミリア」の入場券の確保、列車(新幹線)、路線バス、などの

チケットも、3ヶ月以上前には準備し発売日と同時に「ネット予約 ・購入」の必要が在ります。 

   (現地・当日の入場券は売り切れで無い場合が在ります。)

ですから、私が皆様のご希望の旅を、メールのやり取りで企画し、「企画案」をお知らせし、了解して頂き、

『オリジナルの旅』の「日程」が確定しますが、その「日程」の4ヶ月程前から準備して、

 手配を始める必要がある訳です。

 また、私の企画します旅を、手配して私がご案内します、『オリジナル個人旅行』

マドリッド自治州政府に公認された、『在マドリッド・SNJ 日西文化協会』の、

スペイン文化活動の一環>として行われる、

<文化活動に参加する・『オリジナル個人旅行』 >となります。  

私の案内も、「半日観光・4時間」、「1日観光・8時間」などという、時間を決めた、
営利目的が第一の『旅行会社』の「パック旅行」の案内、
つまり、:「決められた日程」、「決められた観光」、「決められたホテル」、「決められた『料理』(グループメニュー)」、となり、お金を集金する「旅行会社」の指示に従う事が普通に成っていますが
、そうではなく、
 お金を支払う皆さんが主人公ですから、皆様のご希望を叶える事を大切にした『旅』を追及して、私は、旅を企画し、案内させて頂いてます。



*「旅行の手配」を個人でなさる場合、以下を、ご注意下さい。

 1) 日本からの往復の航空券の手配。

日本からの航空券は、航空会社の「公式のホームページ」から、お客様自身で直接に購入されることをお勧めします。なぜなら、「旅行代理店」、「格安航空券販売ネットサイト」などから購入されると、『航空チケット代』に、『発券手数料金』を上乗せして支払う事になり、実際の「エアーチケット料金」よりも高くなる事が在りますので注意されて下さい。また、中間業者が介入する、いわゆる「格安航空券販売エージェント」から購入されるのはお勧めしません。 航空会社の公式の『HP』(販売システム)から購入されることをお勧めします。 
 

 また、以前からお付き合いの在る、良心的な『旅行エージェント』をご存知の場合、航空チケットを頼まれますと、航空券の予約をしてくれて、支払いの期日まで、飛行機の予約・確保をしてくれ、アフターケアーもしてくれると思います。この場合、手数料は掛かりますが、ご利用されても良いと思います。

*予定されている旅の日程の、10ヶ月程前から ~ 半年前頃、いろんな航空会社の公式の「ホームページ」で、値段など検索され、比較されて下さい。  早ければ早い程、料金は安く、徐々に高くなって行きます。

  日本からの往復・航空券の、

       アドバイスもさせて頂きますので、ご相談ください。

 

2) 旅の「ホテル手配」を、

  個人的に『ネット』で手配される場合の注意点。

 

 ホテル手配の『中間業者』(「ブッキング・コム」など)の「ホームページ」から申し込まれる場合

  ホテルの立地に注意されて下さい。 ホテル手配の『中間業者』の「HP」にはホテルの近くの

   『治安』のインフォメーションは在りません。値段が安くても治安がとても悪いホテルが在ります。

  

 また、現地の家(民宿)を借りて旅行しようと、台所の付いた、「アパートメント」を予約される場合、

  その多くが、宿泊の「営業許可」を受けてない『非合法』の宿泊設備が多い事です。

 この、『非合法』の宿泊施設も、大手の「ホテル検索」の『中間業者』は、平気で宣伝しています。

 

*私が提案します「ホテル」は、まず治安の事を考え、

   街の観光に便利な、旧市街で、地下鉄、
市バスの便も良い立地のホテルを選び、

    そのホテルの「ホームページ」をお知らせします。



*『ホテル』は、今こちらで人気の、

 趣の在る、『 カサ・ルラル 』 を、是非、お勧めします。


  カサ・ルラル』(今人気のプチホテル)に泊まろう!! <クリック


 *<美味しい 『スペイン料理』>

 今話題の、『スペインのグルメ』、北スペインの「バスク」の『 ピンチョス 』、などの

 『創作料理』で有名になった『スペイン料理』 、また、伝統的な田舎の『 郷土料理 』なども、

 食べて頂きましょう!


 私の案内する『旅』では、名物スペイン料理が美味しいと、
「ガイドブック」や『ネットの評判』ではなく、

土地の人に評判のレストランで、お好きな料理をチョイスして、値段もチェックして、召し上がっていただけます。

スペインでは一皿の料理の量が多いので、数人で小皿に分け合って数種類の料理を味わうことが出来るように、 

私が交渉します。


 
お勘定は、レストランのレシートの請求額に、チップを少し足してお支払いください。

ヨーロッパの中で、今最も注目されている

  『スペイン創作料理』、

食材の豊かさを誇る‘スペインの食文化’をご紹介して、

楽しんでいただくのも、 私の大きな旅の目的です。 


 ・・
・食事は、旅の思い出に残る大切な要素です。・・・


     ( 美味しいスペイン料理の紹介 ) クリック



・・・こんな、自分たちだけの、思い出に残る「漫遊の旅」に出かけませんか。

 

*****************************************

 

<以下の「ブログ・ホームページ」も、ご参考下さい。>

*『A.I.N.スペイン政府公認在スペイン日本人通訳協会』のブログ

   : http://spain.blog.shinobi.jp/ ・・・<クリック

 

にほんブログ村

 マドリッドカリスマガイド ぼんちゃん漫遊記 プロフィール

   :http://www.blogmura.com/profile/00910418.html

 ・・・<クリック

スペインの素敵なガイドさん 佐々木さん

  https://ameblo.jp/stayingforest/entry-11687097354.html

・・・<クリック

 

*****************************************

 

 *****************

    スペイン、ポルトガル 個人旅行 

     
専属の「観光通訳ガイド」が案内する旅

 *****************



*『個人旅行』のお問い合わせ、


              お申し込み、ご相談は



  カテゴリー の中の 「 メールの送信  」、または、


    
メールの送信 < クリック、してください。



                 皆様からのメールをお待ちしています。


                佐々木郁夫 拝

拍手[0回]




2019年5月 二組のご夫妻の ポルトガルの旅


           『ポルトガル漫遊 11日間の旅』


       5月6日出発 ~ 5月16日到着  


                      < 訪れる所 >


   リスボン、オビドス、ナザレ、コインブラ、ブシャコ、

      アベイロ、
ポルト、シントラ、ロカ岬、

          セトゥーバル、リスボン


                企画・案内 佐々木郁夫
           
               

            総集編 >


 *以下の、① ~⑨ の、

 『 二組のご夫妻の ポルトガルの旅 』 を

           クリックしてご覧下さい。
    
2019年5月 二組のご夫妻の ポルトガルの旅 1

  リスボン名物の『ちんちん電車』で観光します。



2019年5月 二組のご夫妻の ポルトガルの旅 2

 今日も、リスボン名物の『ちんちん電車』で観光します。

  サン・ロッケ教会、世界遺産の『ジョロニモス修道院』など。


   

2019年5月 二組のご夫妻の ポルトガルの旅 3

  今日から、専用車で移動します。

     リスボンから、オビドス、ナザレ、コインブラ

       そして、ブシャコの『宮殿ホテル』に泊まります。



2019年5月 二組のご夫妻の ポルトガルの旅 4

  今日は、ポルトガルの「ポルセラーナ」(磁器)の工房の見学、

     アヴェイロ(運河の街)を「ゴンドラ」で散策し、

       「フィリグラーナ」(金・銀糸の工芸品)の見学し、

   ポルトの「世界遺産」の旧市街に泊まります。




2019年5月 二組のご夫妻の ポルトガルの旅 5

   今日は、ポルトの街を

              ゆっくり散策します。
  


2019年5月 二組のご夫妻の ポルトガルの旅 6

  今日は、ドウロ川クルーズ  < 舟遊び >です。



2019年5月 二組のご夫妻の ポルトガルの旅 7

  今日は、ポルトの街から、飛行機でリスボンへ飛び、

       「シントラ」、「ロカ岬」に行き、
 

       豪華なリスボンのホテルに泊まります。





2019年5月 二組のご夫妻の ポルトガルの旅 8

  今日は、リスボン郊外の海の側の「セツーバル」の『市場』と
 
        「アゼイタオン」の『ワイナリー』を訪問します。



2019年5月 二組のご夫妻の ポルトガルの旅 9
  最終回

  今日は、帰国日です。飛行機は、午後のフライトですから、

     朝は、ゆっくりして下さい。

        ホテルの出発まで、リスボンの散策です。





  *****************************************


  *<お客様の声>


佐々木 郁夫 さま
 
神戸からの2時間半のドライブの後
無事帰宅して 48時間ほどが経過しました
 
ポルトガルでのノンビリ漫遊
飛行機でのビジネスクラス利用
贅沢三昧の旅で疲れはあまり無いつもりでしたが
帰宅後爆睡の48時間でもありました
 
20年程前に出会った「ポルトガルの職人達」の本以来
ポルトガルへの旅への想いを持ち続けていましたが
この度それが実現しました
 
ビスタアレグロ・フィリブラナ 接することができたのは
本に紹介されていたもののごく一部でしたが
高い満足度を得ることができました
 
これもひとえにボンちゃんのプロ意識によるものと
感謝しているところです ありがとうございます
 
また 海鮮料理をメインとした「食」にも
期待を裏切らないものがありましたが
 
観光最終日のリスボンの西セトゥーパルのリブラメント市場
まるごと日本に持って帰りたいほどの楽しい時間でした
 
市場で仕入れた僅かばかりの食材は
さっそく 今日の夕餉に並び
ポルトガルの地を偲んでいるところでもあります
 
また機会がありましたら
イベリア半島でご一緒させていただきたいと思いますが
今度は我々が鳥取をご案内するなーんていうのは
如何ですか!?
 
では 弥次喜多道中のお世話係のお疲れを出されぬよう
お元気にお過ごしください
 
奥様にもくれぐれもよろしくお伝え下さい


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ボンちゃん、こんばんは
 
日本は月曜日の夜です。帰国して4日が過ぎました。ポルトガル旅行中は大変お世話になりました。
初日に聞いた本場のファドは本当に素晴らしかったです。
先入観は物の見事に覆されました!リスボンとポルトで乗ったらちんちん電車、楽しかったですし、とても趣きがありました。
ポルトでは日曜日でしたので、フリーマーケットにも行けました。
 
お食事の度に感じていましたが、終盤に訪れたセツーバルの市場ではポルトガルの食の豊かさを再認識いたしました。
勿論アズレージョに代表されるタイルの美しい事は言うまでもありません。
キリスト教圏でも、国や地方により教会の様式がかなり違うという事、宗派による違いもあると思いますが、本当に様々でした。
こちらのわがままで生じたハプニングにも心良く対処下さり本当にありがとうございました。
ヨーロッパの同じ国を何度も訪れる事はなかなか出来る事ではありませんが、又お会い出来る事祈念しておりますので、もう暫く現職で頑張って下さいね。
   

 

拍手[1回]



2019年5月 二組のご夫妻の ポルトガルの旅


           『ポルトガル漫遊 11日間の旅』


       5月6日出発 ~ 5月16日到着  


                      < 訪れる所 >


   リスボン、オビドス、ナザレ、コインブラ、ブシャコ、

      アベイロ、
ポルト、シントラ、ロカ岬、

          セトゥーバル、リスボン


                企画・案内 佐々木郁夫
           
               

         第 9 回  最終回



もう、今日は、帰国日です。

 飛行機は、午後のフライトですから、

  朝は、ゆっくりして下さい。


十日目(5月15日 水曜日) 帰国日










   出発の朝です。ゆっくりしてください。 


    。。。。。。。。。。。。。。。。
    

 リスボンの散策、、、、、、買い物、、、


      ロシオ広場(ペドロ4世広場)


遠くに「サンタ・ジュスタのエレバーター」




 これから、「コメルシオ広場」へ




      「勝利のアーチ」




      「ジョゼ1世」








         「4月25日橋」


   テージョ川



 この「ロシオ広場」では、
  『ジャカランダの花』が、満開でした。





         カルモ修道院










     ロシオ駅         ホテル

  ホテルに戻り、専用車にて空港へ行きます。









         さようなら ~ !!




    またお逢いしましょう !!!!!

 12:15 エミレーツ航空 チェックイン

 14:15 出発 EK192便 リスボン「エミレーツ航空」 

  00:55 着 ドバイ(DXB) 


十一目(5月16日 木曜日) 日本到着
   
*『2名様』・・・ドバイ(DXB) 発 東京(成田)(NRT) 行き
      
   02:40 発 EK318便 ドバイ(DXB)
   17:35 成田(NRT) 到着


*『2名様』・・・ドバイ(DXB) 発 大阪(KIX) 行き
    
   03:40 発 EK316便 ドバイ(DXB)
   17:50 大阪(KIX)到着   



*******************************************

 佐々木様
   おはようございます
    成田に無事到着致しました。
     色々とお世話になりました。

        iPhoneから送信

拍手[1回]


2019年5月 二組のご夫妻の ポルトガルの旅


           『ポルトガル漫遊 11日間の旅』


       5月6日出発 ~ 5月16日到着  


                      < 訪れる所 >


   リスボン、オビドス、ナザレ、コインブラ、ブシャコ、

      アベイロ、
ポルト、シントラ、ロカ岬、

          セトゥーバル、リスボン


                企画・案内 佐々木郁夫
           
               

            第 8 回



今日は、リスボン郊外の

 海の側の「セツーバル」の『市場』と
 
   「アゼイタオン」の『ワイナリー』を訪問します。


九日目(5月14日 火曜日)


















 
専用車にて、リスボンから、

     セツーバルの『市場』へ行きます。


    「4月25日」橋を渡ります。


     「ベレンの塔」、「発見のモニュメント」







 *『Mercado do Livrament(公設市場)』散策。



























  昼食 海の近くのレストランにて。


  ・・・レストランの前の漁船。。。





















「カタプラーナ鍋」というこの鍋を使って、
  魚介類や野菜などを圧力鍋のように
      蒸して食べる鍋料理です!




















*「専用車」で東のアゼイタオンAzeitaoへ









『ジョゼ・マリア・ダ・フォンセッカ』の

     ワイナリーを見学。





























「ヴァスコ・ダ・ガマ橋」 を渡ります。
  (1998年の「リスボン万博」の年に完成。)

 ポルトガルのテージョ川河口部に架けられた斜張橋。
  全長は17.2kmあり、ヨーロッパで最も長い橋。







 専用車にて、リスボンへ戻りました。



・・・街の散策、、または、ホテルで休憩。。。。。
 







     「PRATA(銀座)通り(RUA)」




  この後、ホテルの戻り、休憩。。。。。。

    。。。。。。。。。。。。。。


夕食は、ホテルの近くにて。
  またまた、このレストランで食べることになりました。










  この海老、“カラビネーロ”

生の状態でも鮮やかな紅色です。
      、、、たっぷりの味噌が最幸!


  次は、『皇帝の海老 天然 シータイガー』です。



     。。。。。。。。。。。。。

 歩いて、ホテルに戻ります。








 ホテル『 HOTEL  AVENIDA  PALACE  』
      
   リスボン泊

拍手[1回]

2019年5月 二組のご夫妻の ポルトガルの旅


           『ポルトガル漫遊 11日間の旅』


       5月6日出発 ~ 5月16日到着  


                      < 訪れる所 >


   リスボン、オビドス、ナザレ、コインブラ、ブシャコ、

      アベイロ、
ポルト、シントラ、ロカ岬、

          セトゥーバル、リスボン


                企画・案内 佐々木郁夫
           
               

            第 7 回




今日は、ポルトの街から、

  飛行機でリスボンへ飛び、

   「シントラ」、「ロカ岬」に行きます。


八日目(5月13日 月曜日)

07:45 ホテル 出発 タクシーにて、

       ポルトの空港へ



ポルトガル航空(TAP)にて、リスボンへ行きます。
   10:00 出発 TP1927便  ポルトOPO


   10:55 到着 リスボン Lisboa

専用車にて、空港から、
     世界遺産の街、シントラへ行きます。

*シントラ“エデンの園”と呼ばれる、シントラの街を散策。


        シントラの市役所








*天正少年遣欧使節の一行が食事をした、
      王宮 の見学です。



      白鳥の間





        カササギの間




       「セバスティアン王」の間

(この王は、女性嫌いで独身、後継者が無く、
     スペインに併合され、60年支配された。)


    人魚の間


       ガレオン船の間




         紋章の間










     中国の間


       アラブの間


         客間



           厨房







         マヌエル王の間


      イタリア製のシャンデリア





 昼食 シントラのレストランにて。















          鮟鱇のリゾット










    専用車にて、ロカ岬へ







*ロカ岬 ユーラシア大陸の最西端を訪問。




『ここに地果て、海始まる』(詩人 カモンイス)









  専用車にて、リスボンへ 


         遠くに「4月25日橋」




         コメルシオ広場



   ホテルで、休憩。。。。



    。。。。。。。。。。。



  夕食は、ホテルの近くで、簡単に、、、、






     BIFANA(豚肉ハンバーガー)





 ホテル『HOTEL  AVENIDA  PALACE 』
    
   リスボン泊

拍手[1回]



ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***