佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
15
22
25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター

   2017年 6月中旬


  夫婦で行く、『アンダルシアの旅』 


    < 4日間の旅 >


  ・・・ 第 2 回 ・・・


今日は、コルドバから、新幹線で、

  セビージャへ行きます。

6月16日 


     ローマ橋






  ホテルの中庭

10:00 朝食の後、
  ホテルから、タクシーにて駅へ

               
 新幹線にて、コルドバから、セビリアの街へ

10.52 発 コルドバ AVE - 02090
11.35 着 セビリア



    タクシーにて、ホテルへ






ホテルから、徒歩にて、「アルカサール」へ






      『日本の扇子』





       『提督の間』

この部屋から、マゼランの世界一周が始まりました。





 14世紀、カスティーリャ王ペドロ1世宮殿













      『大使の間』















    『カルロス5世宮殿』


 上が「アフリカ」、下が、「ヨーロッパ」です。









       大聖堂(カテドラル)
















 「コロンブスの棺」




      『サタンのシナゴガ』









 歩いて、昼食のレストランへ


  「前スペイン国王」も来られる店です。

レストラン『Rio Grande』にて昼食。


       「ガスパチョ」





       イカ墨のパエリャ





観光後、ホテルに戻り、

    休憩。・・・「シエスタ」(昼寝)

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。



    本場のフラメンコ鑑賞しました。






 フラメンコの歌い手
   『アントニオ マイレーナ』


       トゥリアーナ橋









  夕食は、『カバ』を飲みながら、
 『エビ』と『アーティチョーク』です。











  セビリア 泊  

 ************************************************

     2017年 

  *『個人旅行』のお勧め*

*スペイン、ポルトガルの個人旅行の企画、案内に
 興味のある方は、
以下をクリックしてご覧ください。

『スペイン個人旅行』、
     そして、『ポルトガル個人旅行』
<クリック


 皆様からのご連絡をお待ちしています。

          佐々木郁夫 拝
  

拍手[0回]

   2017年 6月中旬

  夫婦で行く、『アンダルシアの旅』 
    < 4日間の旅 >
 
  ・・・ 第 1 回 ・・・

マドリッドから、新幹線で、

  コルドバの街へ行きます。
6月15日 

 タクシーにて、AVE(新幹線)の駅へ





AVE(新幹線)にて、マドリッドから、コルドバの街へ
 13.00  発 マドリッド AVE - 02130  



     
14.50 着 コルドバ 
   タクシーにて、駅から、ホテルへ 






 このレストラン『赤い馬』に
ご案内しました。

昼食 コルドバの郷土料理
「ラボ・デ・トロ(テール料理)」など名物料理です。

・・・以下の料理は、『2分の1』の量を注文し、
 3人で分けて頂きました。


       『サルモレッホ』


      『コルドバ風・茸料理』


   レストランご自慢の『アーティチョーク』


コルドバ名物郷土料理『ラボ・デ・トロ』(テール)
 


 食後の散策。

コルドバ観光
 『過ぎし日のローマとイスラムの影沈めるコルドバよ』
                 (マチャード)



     12世紀のアラブ人「眼科医」
     『モハメット アル ガフェキ』





 コルドバの工芸品、「銀の針金細工」






     ユダヤ賢人『マイモニデス』
      (哲学、神学、医者)

 『セファラディー・ユダヤ人』が多く住んでいた頃
 11世紀、12世紀、13世紀のコルドバ  
  < 世界学問の中心でした。>

 ユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒、、、
   影響し合いながら、仲良く住んでいました。



「セファラディー・ユダヤ人の家」

 



     旧『回教寺院』






        『ミヒラブ』







    『大聖堂』














         「花の小道」





  現在の『ムスク』



     (回教寺院、イスラム大学)



*観光の後、ホテルで休憩。

 「シエスタ」(昼寝)
  。。。。。。。。。
黄昏の散策
アラブの喫茶店にて、アラブ音楽を聴きながら、
  「ミントティー」は如何ですか。






 『天』から、『大地』へ注ぎます。








       ローマの『セネカ』

 地元の「バル」にご案内しました。

 『モンティージャ』(コルドバの地酒)






        「マイモニデス」



夕食は、「バル(居酒屋)」にて。


「イベリコ・ベジョータ」の生ハム





     炭火焼の『イベリコ』



  「サン ラファエル」


          「ローマ橋」

拍手[0回]

    2017年6月


< 第4回 ご夫妻のスペイン漫遊の旅 >


      ・・・ 総集編 ・・・

    4年連続のスペイン訪問


< 第4回目は、アンダルシア地方の旅です。 >


 6月5日 成田出発 ~ 6月14日 成田到着

成田空港から、イベリア直行便でマドリッドの到着。
今回で、4回目のスペインは、アンダルシアを訪れます。
「シェリー酒」の産地、ヘレスの街に行き、スペインで有名
な『
ソムリエ』が推薦し、土地の人が空瓶を持って買いに来る
「ボデガ(酒蔵)」を訪れます。
そして、土地の人たちで賑わう、本場の「フラメンコ」に
ご案内します。

そして、専用車で、カディスを訪れ、昔の「マグロ漁」が
行われている、「サハラ デ アテゥネス」で昼食。

ジブラルタル海峡の、「タルファ」を散策し、遠くにモロッコが
見えるホテルに泊まります。
 翌日は、イギリス領・ジブラルタルを観光し、
白い村・
「カサレス」の散策、そして、ロンダに行きます。
貴族の屋敷ホテルに泊まり、フラメンコギターの生演奏を
聞いていただきましょう。

翌日、コスタ デル ソル(太陽の海岸)の砂浜で昼食です。
マラガでは、「ピカソの生家」、「ピカソ美術館」、
「古城・ヒブラルファロ」、そして、「アルカサバ」を訪れます。

マラガに2泊して、新幹線で、マドリッドに行き、アビラの街で
有名な「アビラ牛」をご紹介しましょう。



























  < 以下をクリックして、ご覧ください。>

① 
2017年6月 第4回 ご夫妻のスペイン漫遊の旅 1

② 2017年6月 第4回 ご夫妻のスペイン漫遊の旅 2

③ 2017年6月 第4回 ご夫妻のスペイン漫遊の旅 3

④ 2017年6月 第4回 ご夫妻のスペイン漫遊の旅 4

 2017年6月 第4回 ご夫妻のスペイン漫遊の旅 5

 2017年6月 第4回 ご夫妻のスペイン漫遊の旅 6

 2017年6月 第4回 ご夫妻のスペイン漫遊の旅 7

 2017年6月 第4回 ご夫妻のスペイン漫遊の旅  
  最終回



  ************************************************

     2017年 

  *『個人旅行』のお勧め*

*スペイン、ポルトガルの個人旅行の企画、案内に
 興味のある方は、
以下をクリックしてご覧ください。


『スペイン個人旅行』、
     そして、『ポルトガル個人旅行』
<クリック


 皆様からのご連絡をお待ちしています。

          佐々木郁夫 拝
  

拍手[3回]


     2017年6月

< 第4回 ご夫妻のスペイン漫遊の旅 >

  
       ・・・ 最終回 ・・・

 今日は、新幹線で、マドリッドの戻り、

11世紀の城壁で囲まれた「アビラ」の街へ行きます。

 マドリッドで、「ゲルニカ特別展」をご紹介して、

 マドリッドの下町の『バル巡り』です。

八日目(6月12日 月曜日)




 マラガから、新幹線にてマドリッドへ 
08.00 出発 マラガ AVE - 02083



10.40 到着 マドリッド
ホテルに荷物を預けて、路線バスターミナルへ

*路線バスにて、アビラの街へ



タクシーにて、街の全景を見に行きました。












    大聖堂









マヨール広場





「バル」にて、昼食です。






       有名な『アビラ牛』
















        『サンタ・テレサ』










夕方、マドリッドに戻ります。

レイナ ソフィア美術館へご案内しました。



 ゲルニカ爆撃から、80年の特別展

 「ゲルニカ特別展」は撮影禁止です。

   。。。。。。。。。。。。。。。
















マドリッドの最後の夜は、下町の『バル巡り』

 マヨール広場界隈に出かけました。


 「サン ミゲル」に立ち寄りました。



「メソン デ チャンピニオン」にて。




    マヨール広場


  「0キロメートル地点」
ここが、スペインの中心です。




   ムール貝の店、、、、


 
  マドリッド泊 

九日目(6月13日 火曜日)Madrid – Tokyo 直行便

 10:15 ホテルから空港へお送りします。




        さようなら!

    また、お会いしましょう!!!
  13:20 出発 IB6801便 Madrid
十日目(6月14日 水曜日)
09:35 到着 Tokyo Narita International (NRT) 空港ターミナル 2

       お疲れ様でした!!


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ************************************************

     2017年 

  *『個人旅行』のお勧め*

*スペイン、ポルトガルの個人旅行の企画、案内に
 興味のある方は、
以下をクリックしてご覧ください。

『スペイン個人旅行』、
     そして、『ポルトガル個人旅行』
<クリック


 皆様からのご連絡をお待ちしています。

          佐々木郁夫 拝
  

拍手[1回]


     2017年6月

< 第4回 ご夫妻のスペイン漫遊の旅 >

  
       ・・・第 7 回・・・



 今日は、マラガの街の散策です。


七日目(6月11日 日曜日)



 
マラガの街の散策


 カテドラル(大聖堂)







 歩いて、「ピカソ美術館」へ



 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





 これから、ここで、ちょっと一杯。。。。







「アルカサーバ」 下は、「ローマ遺跡」

『ビードロ・クリスタル博物館』にご案内しました。






















 
タクシーで、「ヒグラルファロ」
   (フェニキア時代の古城)にご案内しました。






          闘牛場


        カテドラル(大聖堂)


   ピカソが生まれた、「メルセ広場」



これから、パラドールにて昼食です。






        野菜のパエリャ








        パラドール


 これから、歩いて、「アルカサーバ」へ下ります。















・・ホテルに戻り、休憩。。。。。。。。

  。。。。。。。。。。。。。。。。






       「ホタルイカのフライ」


             「鮟鱇」


  マラガ泊

  *************************************************

     2017年 

  *『個人旅行』のお勧め*

*スペイン、ポルトガルの個人旅行の企画、案内に
 興味のある方は、
以下をクリックしてご覧ください。

『スペイン個人旅行』、
     そして、『ポルトガル個人旅行』
<クリック


 皆様からのご連絡をお待ちしています。

          佐々木郁夫 拝
  

拍手[1回]



ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***