佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4
10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
マドリッドで充実した『1日観光』


<先日、ご案内した「マドリッド観光」です。>


マドリッド観光

 『コロンブス広場』の近くのホテルまで

      お迎えに行きました。




        「コロンブス」


      市バスに乗って、サッカー場へ

 ( 10回乗れる『回数券』で、街は移動しました。)




     『サンティアゴ ベルナベウ』





    これから、スタジアムの見学















 市バスで街の中心まで行き、散策の後、
 
  パエジャ専門店にご案内しました。


         「サングリア」

 前菜です。




       これから、『二色パエジャ』です。





デザートの「レモンシャーベット」と、食後酒(りんご)は、

  レストランがサービスしてくれました。


  歩いて、スペイン広場へ






           王宮の見学







 王宮の後、徒歩にて、「マヨール広場」に立ち寄り、

テラスで、「生ビール」、

   「ティント デ ベラーノ」(夏の赤ワイン)で休憩。


 そして、「ソル広場」を通って、プラド美術館まで
  
    歩きました。



 18:00 から無料なので、20分前から並びました。






     。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


 19:50 まで、プラド美術館をご案内しました。


これから、下町の『バル巡り』です。

 まずは、「シェリー酒」の専門店へ




   2軒目





          『牛の生ハム』



 3軒目

   この『タベルナ』で、名物・「陶板・焼き肉」です。









 4軒目




 「ムール貝」の専門店


 「ピリ辛」


 「レモン味」

 5軒目





            「イワシの酢漬け」


        「マッシュルームの鉄板焼き」


・・・・ タクシーにて、ホテルにお送りしました。


 明日は、『トレド観光』、ピカソの「ゲルニカ」の見学、
 
 『 闘牛 』、
そして、「レアル」と「バルサ」の『クラシコ』です。


マドリッド 泊



 




拍手[0回]


 < スペイン ひとり旅 >








     2017年3月 
 
 『ダリ』 と 『ピカソ』 を求めて 

   

        訪れる街

   マドリッド、フィゲラス、カダケス、

      バルセロナ、マドリッド

  
   < 総集編 >

  以下をクリックして、ご覧下さい。

 
スペイン個人旅行 『ダリ』と『ピカソ』を求めて 一人旅 

 スペイン個人旅行 『ダリ』と『ピカソ』を求めて 一人旅 

 スペイン個人旅行 『ダリ』と『ピカソ』を求めて 一人旅 

 スペイン個人旅行 『ダリ』と『ピカソ』を求めて 一人旅 

 スペイン個人旅行 『ダリ』と『ピカソ』を求めて 一人旅 最終回


お客様から、以下のような「メール」を頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ありがとうの5乗です。
昨日飛行機に乗るときにメールしたのですが不時着でした。何から何まで心配かけましたけど、お陰でなんの心配もなく楽しむことだけ出来て本当に幸せでした。今、家路につくリムジンバスにのっています。そちらは今、夜中だからもう少ししてから送信しましょう。
記録は送りますね。飛行機の中で営業しましたよ。隣の女性、ツアーでポルトガルに行ってきた方、色々話して、「ぼんちゃんブログ」見ますねって。
私って結構役に立つかも、東京出張所になろうかな。
家に着きました。

何から何までご配慮いただき、そちらが疲れたのではないかと、ちょっと心配しています。何てったって勝手人間ですから。日常は人に気を使いみんなが丸く収まるには、何て考えているんですよ。だから外に出るとわがまま一杯かな。だから心のそこから楽しかった。
写真もありがとうございます。ダリ気分。これからはしばらくこの余韻と記録で頑張れると思います。

K.K

・・・・・・・・・・・・・・・・・

*ご連絡有難うございます。
 
<私って結構役に立つかも、東京出張所になろうかな。

*有難うございます。
では、『ぼんちゃん漫遊の旅倶楽部』の「東京営業所」の所長をお願いします。
 しかし、営業所の経費は、ボランティアでお願いします。
旅される人の側に立って、「中間搾取」を無くし、できるだけ安く、案内時間も朝から晩まで、
 案内時間の超過料金等は、請求せず、『思いで残る旅』を提供する為ですので、宜しくお願いします。
<家に着きました。


*お疲れ様でした。 ゆっくり休んでください。 

  私が撮りました写真は編集しまして『スライドショウ』として、
 夏にはお送り出来ると思います。今までのお客様の写真が溜まってまして、
 少し時間が掛かってしまいます。気長にお待ち下さいますようお願いします。

では、お元気で!!

 また来年、北スペイン、バスクの『ゲルニカ』の街などをご案内したいと思ってます。

佐々木郁夫 拝

・・・・・・・・・・・・・・・・・

拍手[3回]

       2017年3月 
 
『ダリ』 と 『ピカソ』 を求めて 

    < スペイン 一人旅 >

        訪れる街

   マドリッド、フィゲラス、カダケス、

      バルセロナ、マドリッド

   第 5 回 (最終回)


六日目 4月1日(土曜日)
            
新幹線で、バルセロナから、マドリッドへ
 11.00 バルセロナ 発 AVE - 03112



 13.45 マドリッド 着

   歩いて、ホテルへ
      
昼食 ホテルの側のレストランにて。

 今日の『日替わり定食』を頼みました。


   豆の入った、魚介スープ




 マグロの鉄板焼き


 大きな「プリン」!!!



 食後、歩いて、
  『レイナソフィア芸術センター』へ行きました。




「キュビスム」




    『フアン グリス』







  『ピカソ』


       「アルベルト グレイセス」




          『ダリ』




      「アンヘレス サントス」



            「ピカソ」



 「フリオ ロメロ デ トレス」




     「ホアキン ソロジャ」





        『ダリ』














      「オスカル ドミンゲス」



 ・・・『ゲルニカ』は、撮影禁止です。・・・

 『ゴヤ』 「戦争の惨禍」






   。。。。。。。。。。。。。。


     「ピカソ」





 ゆっくり観て頂いた後、歩いて、
   ホテルに戻り、休憩。。。。

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

黄昏に、マドリッドの下町へご案内しました。

















 地下鉄で、ホテルに戻りました。
  マドリッド 泊
七日目 4月2日(日曜日) 帰国日
< 帰り :Madrid  → Tokyo  イベリア航空 直行便 >
  ホテル 出発 列車にて、空港へ







   13:20 マドリッド出発 IB6801便 
八日目 4月3日(月曜日)
   09:35 成田 到着 

   お疲れ様でした。!

 また、お会いしましょう!!!!


拍手[3回]

      2017年3月 
 
『ダリ』 と 『ピカソ』 を求めて 

    < スペイン 一人旅 >

        訪れる街

   マドリッド、フィゲラス、カダケス、

      バルセロナ、マドリッド


      第 4 回


五日目 3月31日(金曜日)

 新幹線で、フィゲラスから、バルセロナへ




11.43 フィゲラス 発 AVANT - 34730

12.38 バルセロナ 着  タクシーにてホテルへ




「サクラダファミリア」は、ホテルの側です。



地下鉄にて、昼食のレストランへ

昼食 ピカソ所縁のレストラン『4Gats』にて。




座ってる人の、右端が、ピカソです。




 ピカソの描いた『メニューの表紙』

 お勧めは、『日替わり定食』です。

前菜、メイン、デザートは、4つのメニューから、
 一つ、選べます。ワインも、水も付いています。








         「子羊」

















歩いて、カテドラルへ




 「王の広場」


バルセロナ名物・人形
『カガネル』のポスターです。

カガネル - Wikipedia <クリック


 歩いて、ピカソ美術館へ



お一人で、ゆっくり見学して頂きました。







 歩いて、167年前からの『乾物屋』さんに
  ご案内しました。





 今も、後ろの『薪』を使ってます。











ピカソの『アビニョンの女たち』の「アビニョ通り」

・・・今は、「売春宿」は在りません。



 ガウディーの『街灯』を見に来ました。







「ランブラス通り」に出て、コロンブスに会いに行きます。







散策の後、地下鉄で、ホテルに戻りました。

 少し、休憩。。。。。。

、、、小雨です、、、、









 『受難のファサード』







 ホテルの側の「バル」で、ちょっと一杯、、、


バルセロナ 泊

拍手[4回]

        2017年3月 
 
『ダリ』 と 『ピカソ』 を求めて 

    < スペイン 一人旅 >

        訪れる街

   マドリッド、フィゲラス、カダケス、

      バルセロナ、マドリッド


     第 3 回


四日目 3月30日(木曜日)
今日は、カダケス ( Cadaques )と
  「 Portlligat」へ遠足です。 





 カダケスの街





『この絵の場所』にご案内しました。



 
















『Salvador Dalí House Portlligat』

  『ダリの家、卵の家』





 <ダリの創作、生活の場です。>



























































































































 タクシーにて、
  フィゲーラスのホテルに戻りました。









これから、ホテルのレストランで昼食です。



  「茸と海老」




         「リゾット」









 食後の散歩







幼い頃の「ダリ」に会いました。




           ダリ(1歳)





< 広島の原爆に遭った、
    『さんりんしゃ』 >

ここの館長は、広島に『千羽鶴』を持って
行かれたそうです。



お客様は、この本と、『原水爆禁止』の
「署名用紙」を日本から持って来られ、
会うスペイン人にサインをしてもらっていたのです。

上の『広島の「さんりんしゃ」』を、フィゲーラスの
「カタルーニャ玩具(おもちゃ)博物館」で見るとは、、
 信じられませんでした。

館長をはじめ、皆さん、
   進んで「サイン」してくれました。

 。。。。。。。。。。。。。。。。

この後、皆さんに勧められて、
歩いて、街の城砦『サント フェロン』に行きました。









 歩いて、街の中心へ、、、




壁の『パン』を、写します。



「サングリア」を飲んで、休憩です。


お客さんと『広島の「さんりんしゃ」』の話しを
 していたら、、、、



 偶然に、「カタルーニャ玩具博物館」の館長さんと
会い、奥さんが、是非、サインしたいと言われたのです。

 また、ご夫妻の娘さんが、横浜に住んでいるそうで、
孫の写真を見せてくれたり、話が尽きませんでした。

・・・スペインも日本も、「拝金主義と責任回避」で、
『国』は、おかしな方向に向ってますが、このように
心ある人々が、多数で在ることを信じたいですね。

・・・今日は、良い日でした。。。。

  フィゲラス 泊

拍手[3回]



ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***