佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
   『マドリッド滞在、3日間の観光案内』

         今月、10月の始め、

       ご夫妻をご案内しました。

10月6日

 今日は、セビージャへ遠足です。

AVE(新幹線)の『日帰り』の、
 
  「セビージャ観光」にご案内します。

 ホテルを早朝に出発しました。









 セビージャの駅に到着し、
    タクシーで、『スペイン広場』に行きました。



 「マリア ルイサ公園」の、セビージャの「愛の詩人」

グスタボ・アドルフォ・ベッケル - Wikipedia
















 「スペイン広場」から、歩いて、旧市街へ



  「サンテルモ宮殿」


   セビージャの画家『ベラスケス』



『アルフォンソ13世ホテル』





 ホテルで、少し休憩。。。。。。


          『黄金の塔』
   グワダルキビル河(リオ・グランデ)



 前スペイン国王ご夫妻の、お気に入りの
  レストラン『リオ・グランデ』にて、昼食。




      「ガスパッチョ」


   イベリコの『ベジョータ』の生ハム



     『イカ墨のパエジャ』




 甘く口のシェリー『ペドロ・ヒメネス』の
     「アイスクリーム」です。



        食後の「舟遊び」


        「500年橋」 
「コロンブス」が『アメリカに到着』して、500年を
記念した『万博』(1992年)に創られた橋です。



     「トゥリアーナ橋」




     1992年の『万博会場』




「舟遊び」の後、『アルカサール』へ行きました。


      「カテドラル」












       『提督の間』
「マゼランの世界一周の旅」が、この部屋から
       始まりました。



 『ドン・ペドロ王宮殿』(14世紀)

















        『大使の間』











 スペインを統一した『イサベラ女王1世』の孫、
「神聖ローマ帝国」の『カルロス5世』(カール5世、
 シャルル5世とも言います。)が「結婚披露宴」を
 した、『アルカサールの庭園』を散策しました。

    ・・・・・・・・・・・・・

「アルカサール」を出て、『サンタ クルス街』へ











 この近くの『ドン・フアン』に会いに行きました。






帰りのAVE(新幹線)で
「軽食のサービス」を食べながら、
  マドリッドへ戻りました。





  「シェリー酒」しか飲めない『バル』に
 ご案内し、3種類のシェリーを、「カラスミ」
「牛の生ハム」、、、、で楽しんで頂きました。

 ホテルまでお送りしました。

 マドリッド 泊




       2017年 

    *『個人旅行』のお勧め*

*スペイン、ポルトガルの個人旅行の企画、案内に
 興味のある方は、
以下をクリックしてご覧ください。


『スペイン個人旅行』、
      そして、『ポルトガル個人旅行』
<クリック


 
*印、以下をクリックしてご参考下さい。

 マドリッドで充実した、
『1日観光』をご希望の皆様へのお知らせ。




    皆様からのご連絡をお待ちしています。

                 佐々木郁夫 拝



















拍手[2回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***