佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
2012年 お二人のゴールデンウイーク
『バルセロナ・マジョルカ 漫遊の旅』


 2012年4月28日(土曜日)出発 ~ 5月6日(日曜日)成田到着

訪れる町

バルセロナ、マジョルカ島
(バルデモサ、プエルト デ ソジェール、パルマ デ マジョルカ、
 クエバス デ ドラッチ、プエルト デ クリスト)

企画・案内 佐々木郁夫
(スペイン政府公認・日本人通訳協会、SNJ日西文化協会 協賛)

日本からバルセロナに着き、バルセロナでは、内装が完成近い、建築家・ガウディーの「サグラダ・ファミリア」、ピカソ美術館などを見学します。そして、「ショパンのマヨルカ島」、を訪れる旅です。
1838年、ショパンと詩人のジョルジュ・サンドは、胸を病んだショパンの療養のためと、パリ社交界の口さがない人々から逃れるために訪れたバルデモーサ村。結核の伝染を恐れる村人の中でどのように暮らしたのでしょう。
ここで作曲した有名なピアノ曲『雨だれ』を聴いてきてください。

* 食事
基本的にフリーです。土地の人たちに人気のあるレストランを聞いてご紹介します。そして、美味しいものを選んでいきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私がご案内しましたこの旅の写真報告は、また後日にさせていただきます。

 以下が、お客様からいただいたメールです。

佐々木様

帰国しました。

今回も大変お世話になりました。

バルセロナ、カタルーニャ音楽堂でのコンサートはそうそう経験できるものではなく、
その雰囲気と音楽のとりこになってしまいました。気持ちよかったです。
また、マヨルカ島のヴァルデモサも美しい村ですね。 
路線バスの沿線は地中海が見え隠れし、青の美しさにびっくりしました。

そして、いつもながら、 おいしい料理(ワインはもちろん!)を最高のシチュエーションでいただけるのが佐々木さんとの旅の醍醐味です。

楽しい旅をつくっていただき思い出を書き出したらとまりませんが、またいつかお願いできる日を楽しみにしております。

どうぞおからだに気を付けてご活躍ください。

取り急ぎ御礼まで

T.J
  

拍手[2回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***