佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
スペイン個人旅行

五日目(4月27日 月曜日)
 列車にて、ヘレスの街を往復します。
   ホテルから、タクシーにて、列車の駅へ
          
09.45 セビージャ発 


10.45 ヘレス 着
     
 *ヘレスの「シェリー酒の酒蔵」を訪問 
  有名な「 ソムリエ」 推薦のワイナリーです。











 「シェリーの花」







 特別に『50年』もの、を試飲させてくれました。










『70年』熟成させた、
「Extra Viejo」!!


甘いシェリー「ペドロ・ヒメネス」






94歳のオーナーです。
 元気で何よりです。



ここは、「防腐剤」、「固定剤」などの
 『化学薬品』は一切使ってません。
土地の人は、それを知っていて、空瓶をもって、
樽から入れてもらいに来ます。






 ヘレス駅

13.15 ヘレス発
14.20 セビリア着
   
 これから昼食です。

 前『スペイン国王』










ガスパッチョ




 海老の『アヒージョ』(ニンニク風味)

 セビリア名物、「魚のフライ」




「ペドロ・ヒメネス」入りのアイスです。







 食後は、馬車にて街を散策しました。









「マリアルイサ公園」












「エル・シド」

*路線バスにて、セビリアから、ロンダへ 
16:00 セビージャ発  












17:45 ロンダ 着
        タクシーにて、ホテルへ
  夕方 貴族の屋敷ホテルに到着





ロンダ 散策 
旧市街、「近代闘牛」発祥の「闘牛場」、
「新橋(18世紀)」ヘミングウエイ散歩道、、、








「回教寺院のミナレット」

















































夕食は、このレストランにて。












「牛のカルパッチョ」






 「子ヤギ」


「栗のブランデー漬け」



















 貴族の屋敷・ホテル 泊

拍手[1回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***