佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5 6 7
8 12 13 14
15 16 17 18 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
 2017年 6月中旬


  夫婦で行く、『アンダルシアの旅』 


    < 4日間の旅 >


  ・・・ 第 3 回 ・・・



今日は、午前中に『馬車』でセビージャの街を
 散策してもらい、新幹線でマラガに行きます。
 
 マラガでの昼食の後、
   路線バスにて、グラナダへご案内します。


6月17日


     
大聖堂(カテドラル)


      
昔の「王立タバコ工場」
      (今は、セビージャ大学)


 
これから、馬車は「マリア ルイサ公園」に入ります。


          「ゴムの木」


       アメリカ広場


   「ムデハル館」(装飾博物館)


        スペイン広場





 ホテルに馬車で戻り、荷物を受け取って、
       タクシーにて、新幹線の駅へ



 新幹線にて、セビリアから、マラガへ
12.50 セビリア発

14.45 マラガ着


駅に荷物を預けて、
 タクシーにて、マラガの街の散策です。

フェニキア時代の遡る「マラガ港」の側の
 レストランで昼食です。


 ・・・名前は?、味は、「さざえ」でした。

 辛口の「白ワイン」がとても美味しいと、
  喜んで頂きました。



「路線バス」にて、グラナダへ  
 
18:30 マラガ発 


20:15 グラナダ着
タクシーにて、ホテルへ 



 今日のホテルは、昔、アラブ人の屋敷でした。




 ホテルから、アルバイシンの散策です。





































アルハンブラ宮殿の夜景が楽しめる
 レストランにて、「赤ワイン」をお勧めしました。




 「イベリコ・ベジョータの生ハム」、
       「チーズ」です。







 歩いて、ホテルに戻りました。

 
 ホテルは、16世紀のアラブ屋敷・ホテル 

 グラナダ泊

 ************************************************

     2017年 

  *『個人旅行』のお勧め*

*スペイン、ポルトガルの個人旅行の企画、案内に
 興味のある方は、
以下をクリックしてご覧ください。

『スペイン個人旅行』、
     そして、『ポルトガル個人旅行』
<クリック


 皆様からのご連絡をお待ちしています。

          佐々木郁夫 拝
  

拍手[1回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***