佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
15
22
25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
七日目(10月6日 土曜日)









専用車で、北へ、マドリッドへ。



昼食 プエルト・ラピセ村のレストランにて。



「ドン・キ・ホーテ」の作者・セルバンテスが泊まった旅籠。  
ラ・マンチャ地方の郷土料理です。



























































昼食後、コンスエグラ村にて、風車を見学







葡萄の収穫



トレド観光 カテドラル(大聖堂)、サント・トメ教会など。





画家の「グレコ」と「天正少年遣欧使節団」が出会った、        
旧市街の散策。









『蘇民将来』のマーク?
「ヘロデの星」と「ダビデの星」






夕方 マドリッドのホテル到着

 ドライバーと共に





ピカソの「ゲルニカ」を観に行きましょう。





フアン グリス



ピカソ





ダリ







ピカソ 



「ゲルニカ」は撮影禁止。
皆さん「ゲルニカ」の前で、しばらく、動きませんでした。

 歩いて、旧市街の「マヨール広場」界隈の「メソン」へ





夕食 ホテルの側の「メソン(居酒屋)」にて。








































次は、ガリシアのタコと白ワイン



この、「タシーニャ」で飲みます。













マドリッド 泊

拍手[0回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***