佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
15
22
26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
スペイン個人旅行
『 旧アラゴン王国と東アンダルシア

           地中海の旅 12日間 』


今日は、カスティーリャ王国とともにスペインの基礎を作ったアラゴン王国の古都・サラゴサを観光し、画家のゴヤの生地・フエンデトドス村に立ち寄り、南アラゴンのフレスネダ村の「プチホテル」に泊まります。

三日目(6月12日 金曜日) 
















Sigüenza(シグエンサ)の街から 、
      アラゴン州の州都・サラゴサへ





サラゴサ観光
 『ヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂』の見学
   (『柱上の聖母』こと聖母マリアに献堂されている。)














ローマ時代の城壁


画家・ゴヤが生まれた村
  Fuendetodos(フエンデトドス)村へ
  






  昼食 フエンデトドスのレストランにて








自家製の「チョリソ」





この村には、約50人が住んでるそうです。
 一軒しかないこの『BAR(バル)』の自家製の
「チョリソ」が美味しいと評判でした。

これから、ゴヤの生家・版画美術館を訪れます。





版画美術館























ゴヤの生家




















専用車にて、フレスネダ村へ





 夕方  プチホテル到着









  村を散策





































  夕食はホテルにて
































 La Fresneda(フレスネダ)村 泊

拍手[0回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***