佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
五日目 朝 9時半 出発

シェリー酒の故郷、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラにて休憩。シェリーを試していただきました。

そして、大西洋を見ながら、カディスのパラドールにて一休み。

古代ローマの時代からマグロ漁で有名な小さな漁村にて鉄板焼きにあら塩を掛けただけのマグロを食べていただきました。




スペインのタリファの町からモロッコを見ました。

イギリス領の、ジブラルタルを見ながら地中海へ。



コスタ デル ソル(太陽の海岸)を通りながら、「アルフォンソ12世王」や、「ド・ゴール」ゆかりのホテルへ。



『ド・ゴール』がこのホテルで『回想録』を書いたそうです。



暖炉のある部屋に泊まっていただきました。

六日目 朝 10時 出発

太陽の海岸(コスタ・デル・ソル)を一路マラガの町へ。
ピカソが生まれたマラガの町と地中海を見下ろすヒブラルファロ城へ。



近くのパラドールにて休憩。



夕方、15世紀の屋敷を改装したグラナダのホテルに到着。



アルハンブラが観える部屋で少し休憩していただきました。



これから日暮れの、アルバイシン地区(旧ユダヤ人街)の散策です。



アルハンブラ宮殿の夜景が正面に見えるレストランにて夕食。



ジプシーだけの『洞窟のフラメンコ』に案内。




拍手[2回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***