佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5 6 7
8 12 13 14
15 16 17 18 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
8月19日

今日は、路線バスにて、
    世界遺産の『セゴビア』へ行きます。


 ホテルの向かいの『セルバンテス』の記念碑


国会議事堂



 「ソル広場」から地下鉄で、バスターミナルへ







 10時出発の路線バスに乗りました。
(往復チケットを買うと割引になります。)




セゴビアに到着(マドリッドから、1時間10分)













ローマの水道橋













旧市街の散策






サン・マルティン教会



マヨール広場  市役所


カテドラル




『ナポレオン戦争』記念碑


アルカサール(王城)






























「アーモンド」





これから、昼食です。
地元で評判の「レストラン」にご案内しました。

 名物料理を食べて頂きます。


『イベリコのカルパッチョ』


『茸のシンフォニー』

















 『仔豚の丸焼き』(セゴビアの名物郷土料理)






赤ワインのアイスクリーム、白ワインのゼリー
 濃厚なヨーグルト、、、、、






シェフの「Sr.オスカル」さんと共に。

 路線バスにて、マドリッドに戻り、地下鉄にて、
     街の中心・ソル広場へ





 サッカー・シューズを買いました。


ホテルに戻り、荷物を部屋に置いて、美術館へ


「ゴヤ」

 プラド美術館(夕方は、入場無料です。)の後、
ピカソの「ゲルニカ」を見に行きます。



レイナ ソフィア芸術センター

 ここも、19:00以降、入場無料です。



ピカソ






  ダリ








『ドン・キ・ホーテ』の印刷工場(17世紀)


マヨール広場



















 この後、「イカのリング揚げ」を注文しました。











ソル広場を通って、歩いてホテルに戻りました。



ホテルに到着


  またお会いしましょう!




拍手[6回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***