佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5 6 7
8 12 13 14
15 16 17 18 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
五日目 10月21日(水) 
    
朝、ホテルの部屋から見えた「ヒラルダ」


 今日は専用車にて一日の遠足です。

食前酒のシェリーが生まれたヘレスの町へ。

 シェリー酒のワイナリー訪問






シェリーの「花」


何度も表彰されたワイナリーです。


ここで、シェリーの『酢』が寝ています。


この樽で7年以上も熟成さします。


これから、シェリーのテスティングです。


これらを全て試飲して、皆さん良い気分、いや、酔っ払いました。
この中の、「50年もの」は皆さんびっくりされてました。


防腐剤、などの化学薬品は一切使っていない「シェリー」ですから、お土産に買われました。


 専用車にて、昔、アメリカとの貿易やガレー船で賑わった港町、カディスへ。

昼食 パラドールで大西洋を見ながらです。





ウニの料理は、一人1個づついただきました。




カディス名物 魚のから揚げ








オマール海老のリゾット


このデザート・1人前を、皆で食べました。


食後はパラドールでゆっくりしましょう。





 この景色を見ながらゆっくり食後のコーヒーをいただきました。








専用車にてセビージャへ

『ドン・ファン』(セビージャの「好色一代男」)と共に。


「サンタ・クルス」街の散策






闘牛場 闘牛士「クーロ・ロメロ」に挨拶。




これから、フラメンコです。








フラメンコの後は夜景を楽しみながら、レストランまで歩きました。

テゥリアーナ橋(鉄橋)


このイタリア人シェフの店で、夕食です。






海産物のスパゲティーは最高でした。


食後はホテルまで歩きました。







おやすみなさい



つづく


















 夕食はホテルの近くにて。  

拍手[1回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***