佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
2011 5月 熟年2組のご夫妻 スペインの旅
5月4日(水) ~ 5月14日(土)


訪れる所
マドリッド、グラナダ、コルドバ、セビージャ、ロンダ、白い村
ジブラルタル、トレモリーノス、マラガ


企画・案内 佐々木郁夫
協賛 SNJ日西文化協会 ・ AIN日本人通訳協会  ( スペイン政府公認 )


****************

マドリッドでプラド美術館、下町の「バル巡り」、マドリッドから列車でグラナダへ移動し、アルハンブラ宮殿の見学。16世紀のアラブ屋敷ホテルに2泊します。列車にて、『パティオ祭り』のコルドバへ、回教寺院を見学し、モスク
(回教寺院)の側の旧市街に泊まります。セビージャの街は馬車で観光です。
セビージャ郊外の貴族の屋敷ホテルに泊まります。専用車でアルコ・デ・ラ・フロンテーラに行き、パラドールに泊まります。
ロンダを散策し、白い村に立ち寄り、ジブラルタルからアフリカを見て、コスタ・デル・ソル(太陽の海岸)を走り、マラガが一望できるパラドールに2泊します。

**************

一日目(5月4日 水曜日)


私〔佐々木〕が空港で出迎え、専用車にてホテルまでお送りします。

マドリッド 泊

二日目(5月5日 木曜日)
  
  マドリッド 観光 地下鉄、市バス、タクシーにて観光します。
この予定でしたが、ホテルが旧市街の在り、歩いての観光となりました。















大聖堂から、王宮の観光です。













王宮前のオリエント広場











『デボ公園』・・・エジプトの遺跡

















昼食 パエジャ専門店にて、美味しいパエジャは如何ですか?







4人に一皿の「ミックスサラダ」



一皿(一人前)の子イカの鉄板焼き・・・一人2匹



二人前のパエジャが焼きあがりました。





二人前を私も入れて、5人で食べました。



食後酒



有名人(オペラ歌手)も来る、パエジャ専門店



歩いてホテルに帰り、シエスタ(昼寝)で少し休憩。

夕方5時ごろから、歩いてマドリッド観光です。



ソル広場





「キロメートル 0」





歩いて、プラド美術館へ



国会議事堂



「セルバンテス」



これから「プラド美術館」の見学です。



「ムリージョ」



レイナソフィア美術館(ゲルニカ)









これから下町へ行って『バル巡り』





「セシーナ」(牛の生ハム)





次は『タベルナ』







黄昏の広場

























マドリッド 泊

拍手[0回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***