佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
『2012年 5月 000様、00様 スペインの旅』  
5月7日(月) ~ 5月17日(木)


訪れる街  
マドリッド、トレド、コルドバ、セビージャ、ロンダ、 サハラ・デ・ラ・シエラ(白い村)、ミハス、トレモリーノス(太陽の海岸)、グラナダ、 バルセロナ


企画・案内 佐々木郁夫
協賛 SNJ日西文化協会 ・ AIN日本人通訳協会  ( スペイン政府公認 )


マドリッドでプラド美術館、下町の「バル巡り」、マドリッドから近距離新幹線にて、世界遺産の街・トレドをゆっくり終日観光。列車にて、『パティオ祭り』のコルドバへ、回教寺院を見学し、セビージャ郊外の貴族の屋敷ホテルに泊まります。翌日は、セビージャの街を馬車で散策、「リバークルーズ」、セビージャの街の中に泊まります。専用車で白い村「Zahara de la Sierra」に立ち寄り、 『オーソンウエールズ』、『ヘミングウエイ』が愛した、ロンダの街を散策して、地中海へ下りて行き、ミハス(白い村)の散策して、コスタ・デル・ソル(太陽の海岸)に泊まります。翌日は、専用車にて、グラナダへ移動し、アルハンブラ宮殿の見学。16世紀のアラブ屋敷ホテルに泊まります。グラナダから国内線飛行機にて、バルセロナへ飛び、3日間泊まります。
  *****************************


日程

一日目(5月7日 月曜日)
  21:00 KE782 福岡 日本出発 大韓航空
       機内泊

二日目(5月8日 火曜日)
05:45 KE925、マドリッド到着 大韓航空
専用車にて、ホテルへ ホテルに荷物を預けて観光へ



朝食の「チュロス」です。





「トルティージャ」(ジャガイモ入りのスペインオムレツ)





チュロスは、チョコレートにつけて食べます。





マドリッド観光 タクシー、市バス、地下鉄にての観光です。



プラド美術館は、入場無料の18:00以降に入ります。

ベラスケス



市バスに乗って闘牛場へ















バルに立ち寄りました。











イベリコの生ハム







市バスに乗って朝の「公設市場」へ















スペイン広場



王宮



 昼食 パエジャ専門店の「本格的パエジャ」は如何ですか。











ホテルへ戻り休憩

夕方 プラド美術館 入館  (夕方の18:00以降は入場料が要りません。)













夕食 ホテルの近くのレストランは如何ですか。














 マドリッド 泊 

拍手[7回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***