佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
セビリア 個人観光ガイド

昨日(8月9日)、マドリッドから出張して、
 セビリアのご案内をしてきました。

曇ってはいたのですが、とても暑い日でした。

ムリーリョ公園(庭)の向かいのホテルでお客様と
 待ち合わせ、早速、徒歩観光です。

「コロンブス」記念碑




ゴムの木


これから、「サンタ・クルス街」の散策。



画家「ムリーリョ」のお墓


「ドン・ファン」

『5日ごとに新しい恋をし、女性を求めたという。
 ま~、セビリアの『好色一代男』ですね。』



「胡椒」通り
・・昔から、「腐りかけた肉」を美味しく食べるのに
 必要でした。
  「胡椒」は、昔、大変高価な貴重品でした。


セビリアは「焼き物の街」としても有名です。





『JUDERIA』ユダヤ人街

『スファラディ系ユダヤ人』は、1492年、
スペインから追放され、アラブ社会で生き続けます。











アルカサール




これから、昼食です。




「ガスパチョ」


「アーティチョーク」





大聖堂を見学しました。


「ヒラルディージョ」








「コロンブスの息子のお墓」




「ニーニョ・ヘスス」(幼きイエス)


中の絵は、ムリーリョの「サン アントニオ」。

『ここで、「聖アントニオ」にお願いしますと、、、
結ばれるべき「我が君(男性)」に出会えると言います。
 、、、さあ、どうぞ! お願いしてください。』

・・・え! ほんとですか、、、?

、と言われますが、
  いままで殆どの奥様がお祈りされてます。








・・・まもなく、8月15日です。
「終戦記念日」ではなく、こちらでは、
『聖母の被昇天』の日です。




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ちなみに、戦争が終わった日は、『9月2日』
 、、、、、ですよね。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


「コロンブスの棺」


世界一大きい「主祭壇」です。

『約、2トンの金が使われていますよ。』

・・・ほんとですか?

『略奪して来た、約860トンの『金』が、
 ここ、セビリアに着いたのです。。。』

・・・え ?

『「ガイドブック」などに、スペインは
「黄金時代」を迎えました !・・・
・・(めでたしめでたし)、、、、、、
、と書いてある本がまだ在るようですね。』


・・・あの「茨」を見てください。。

『イエスにかぶせられた「茨の冠」の一部』です。


・・・本物ですか?、『・・・と言われています。』






・・・・・・・・『サタンのシナゴーグ』・・・・・






         『ムリーリョ』


        『聖母マリアの王冠』


          『イエスの王冠』





お客様は、元気に「ヒラルダ」に登られました。




 。。。。。。。。。。。。。。。。。

歩いて闘牛場へ


      闘牛士 『クーロ・ロメロ』


闘牛場


       オペラの『カルメン』

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。

この後、
 30年も前から知ってる、近くのフラメンコ場に
ご案内し、普通より安い入場料で見ていただきました。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 私は、AVE(新幹線)でマドリッドに戻りました。

*********************
お客様の声

早速、以下のメールを頂きましたので
  以下に、ご紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・
佐々木さま

8月9日、セビリアの観光案内をありがとうございました。

フラメンコは、とてもアットホームなショ―でした。とても素晴らしい席をあり
がとうございました。
観光客にも十分に楽しんでもらえるようなプログラムを組んでいるところがよ
かったと思います。

次回は、フラメンコの詳細な解説などを伺いたいと思いました。となると、ガイ
ドしていただくとしたら、
やはり、グラナダなのでしょうか? それとも、マドリードなのでしょうか?
フラメンコや歴史についていろいろと知識を深めたうえで、またガイドをお願い
したいと思いました。

8月10日は、午前中、フラメンコ博物館を訪れ、午後は、馬車で市内観光、ア
ルカサルを見学し、バルセロナに戻ってきました。
11日は、終日バルセロナで買いものなどを楽しみました。
12日には、無事帰国いたしました。

先ほど、さっそくブログを拝見いたしました。そして、改めて今年も大変密度の
濃い情報をあれこれ提供していただいたと実感しています。
ポイントごと写真が添えられていて、改めて、旅を振り返り、楽しむことができ
ます。
また、他の方々の内容も今後大いに参考にさせていただけると思いました

日本は、少し涼しくなりました。湿度は相変わらず高いですが。

お体には十分気を付けて、ますます、ご活躍ください。

今後もよろしくお願いします。
ありがとうございました。

 K.M、   M.K

拍手[7回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***