佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
15
22
26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
『2013年 6月 4名様 ポルトガル スペインの旅』
6月28日出発 7月7日到着 10日間の旅
 
ポルトガル
リスボン、シントラ、ロカ岬、オビドス、ナザレ、ポルト、
バレンシャ・ド・ミーニョ(国境の村)
 
スペイン・ガリシア
ア・グアルダ、バイオナ、ビゴ、コンバロ、パドロン、
サンチャゴ・デ・コンポステーラ、
セゴビア、マドリッド
 
企画・案内 佐々木郁夫
手配 SNJ日西文化協会
AIN日本人通訳協会(スペイン政府公認)協賛
 
大航海時代(15世紀後半)にポルトガルとスペインが世界を征服した時代、
世界各地からポルトガルにやって来た文化はどのような影響をもたらしたのか、そして、ポルトガルに発見された(1541年)日本との関わりを、
天正少年遣欧使節がやって来た(1584)時代に思いを馳せながら、ユネスコの世界遺産を訪ねる旅でもあります。 
そして、それぞれの地方における、自然、歴史、宗教、文化、人々、食、伝統手工芸などを味わいながらの、オリジナル企画の旅です。
* 食事
基本的にフリーです。土地の人たちに人気のあるレストランを聞いてご紹介します。そして、美味しいものを選んでいきます。
( ポン酢、醤油、練り本わさび、割り箸、・・・お忘れなく!  )

一日目(6月28日 金曜日)
集合時間  20:00 ( 時間厳守 )
集合場所  関西国際空港、国際線、出発ロビー
トルコ航空(TURKISH AIRLINES)
チェックインカウンター前。 
* 20:30、全員集り次第、搭乗手続きしてください。
* トルコ航空(TK)のチェックインの時、荷物には名前(ローマ字)・住所(日本語)・
  電話番号・国名(JAPAN)を付けて預けてください。
  ( 手荷物に、洗面道具、1回分の下着の着替え、を用意。)
* チェックインの時「リスボンまで」とカウンターの人に伝えてください。
* TK047の搭乗券と、TK1759の搭乗券(一人が2枚の搭乗券)と預けた荷物のタッグ(半券)を受け取ったかを確認してください。
* 出国手続きの後、TK047の出発搭乗ゲートに案内された時間までに進んでください。  
出発時間  22:30 
  利用便名  トルコ航空・TK047便 
二日目(6月29日 土曜日)
05:35 イスタンブール到着(経由)
トルコ航空・TK1759便(リスボンLISBON行きに乗り換え)が出発するターミナルへ移動。
関空のチェックインの時に、何番ターミナルから何番ターミナルへ移動か教えてくれます。
また、TKトルコ航空の飛行機がイスタンブールに着く前に乗務員に聞いて確かめてください。
10:55 イスタンブール発  TK1759便
13:45 リスボン到着 
私〔佐々木〕が空港で出迎え、専用車にて観光、シントラの街へ。





シントラ
“エデンの園”と呼ばれる、シントラの町を観光。
天正少年遣欧使節の一行が食事をした、王宮も見学。
















































ロカ岬 ユーラシア大陸の最西端を訪問。
 『ここに地果て、海始まる』詩人カモンイスが詠んだ。









Cascais → ESTORIL → リスボン





ホテルに到着 休憩  昼寝です。

夕食 ホテルの側のレストランにて。































 リスボン 泊
 

拍手[0回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***