佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
15
22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター


  *************

2016年 10月後半
  熟年夫婦 3組で行く 
     アンダルシア漫遊の旅 

   第 1 回

一日目

 日本から、「イベリア直行便」で、
     成田から、マドリッドに到着。

 マドリッド 泊

二日目

 今日は、マドリッドの観光です。



ホテルから、
 歩いて「レイナ ソフィア」芸術センターへ



    ダリ (スペイン内乱の前年の作品)


 ・・・『記録映画』・・・


。。。『ゲルニカ』の撮影は禁止です。



        ダリ



歩いて、「プラド美術館」に行き、ゆっくり
 ご案内しました。
           (プラドは、撮影禁止)

昼食は、パエリャ専門店にご案内しました。






 「イカ墨パエジャ」と「海鮮パエジャ」



      『二色パエジャ』です。


食後、タクシーにてホテルにお送りし、

 シエスタ(昼寝)、そして、フリータイム。

 マドリッド 泊

三日目

 近距離新幹線にて、トレドに行きます。





 トレド駅









 ローマ時代の『スパ』にご案内しました。



 旧市街を歩いて、「大聖堂」(カテドラル)へ








 アラブ時代、「ダマスカス」から持ち込まれた、
    トレドの民芸品 :「象嵌細工」



 旧ユダヤ人街(1492年、スペインから追放)



トレドから、専用車にて、
      「ラ・マンチャ」へ



   コンスエグラの風車











ちょうど、「サフラン」の収穫期でした。



・・・このように、水でも、すぐに色が出ます。

専用車で、「ドン・キ・ホーテ」の作者、
『セルバンテス』が立ち寄ったと言う「旅籠」へ






 ここで、地ワインで、チーズをつまみました。



 ここでも、「サフラン」を花から、採っていました。






専用車で、モントロ村の、「プチホテル」に到着。

  。。。。。。。。。。。。。。。。

 少し、休憩の後、『パエジャ教室』です。




 野菜を、オリーブ油でよく炒める。


 鶏肉、豚肉も入れて、よく炒める。























 モントロ村の郊外 
     オリーブ畑の「プチホテル」泊

  ・・・次回に続く ・・・・


  ********

   
 個人旅行のお勧め

<スペイン・ポルトガル「個人旅行」のご案内>

 来年、お正月の『個人旅行』の

      お申し込みを受け付けております。


  *スペイン・ポルトガル『個人旅行』のお勧め 
<クリック

    *『成田=マドリッド直行便』での旅*

     ・・・ 上記を、クリックして、ご参考ください。・・・

      **********************************

 *『個人旅行』のお問い合わせ、
         お申し込み、ご相談は

   カテゴリー の中の 「 メールの送信 
 」、または、

 
   メールの送信 < クリックしてください。

   皆様からのメールをお待ちしています。

         佐々木郁夫 拝

   














拍手[1回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***