佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 12 13
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
2016年 9月 さきさき旅倶楽部 

<9月19日 成田出発 ~9月28日 羽田到着>

マドリッドから、「カスティージャ・レオン地方」、
『ヤコブ巡礼路』、
「ガリシア地方」、そして、
ポルトガルの北から入り、
『マデイラ島』へ行く、
  北スペイン・ポルトガル漫遊の旅です。
 
訪れる所

<スペイン>
マドリッド、セゴビア、バジャドリッド、ビジャフランカ デル ビエルソ、
メリデ、サンティアゴ デ コンポステーラ、ビゴ、ア グアルダ、

<ポルトガル>
ポルト、ファティマ、ナザレ、オビドス、ロカ岬、シントラ、
マデイラ島、リスボン 


企画・案内 : 佐々木郁夫
手配 : SNJ日西文化協会


< 日程 >

四日目(9月22日 木曜日)

専用車にて、『リアス式海岸』を通って、
「A GUARDA」(ア・グアルダ)魚村へ


 ア・グアルダ



『MONTE SANTA TREGA』




川向こうは、ポルトガルです。







「ア・グアルダ」魚村









ここは「伊勢」ではありませんが「伊勢海老」また、
「オマール海老」の産地です。

















































食後、専用車にて、スペインから、
   ポルトガルに入り、ポルトの街へ。 
ポートワインの酒蔵見学 
 (「赤玉ポートワイン」ではありまん。)














< 舟遊び >ドゥーロ河のリバークルーズ










「ドーニャ マリア ピア橋」(エッフェルの設計)


黄色い角のビルがホテルです。




「ドン ルイス1世 橋」



*ロープウエイに乗って、展望台へ















歩いて鉄橋(ドン・ルイス1世橋)を渡り、
  ポルトの散策










São Bento(サン・ベント) 駅









「世界遺産の本屋」


































専用バスに乗って、ポルトガル国立ホテルへ



 ホテルで休憩。。。。。。。。。。

ホテルのレストランにて夕食。







































ポルトガル国立ホテル アベイロ 泊 

拍手[2回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***