佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5 6 7
8 12 13 14
15 16 17 18 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
*エッセイを初めから読む場合は、一番下に、│HOME│[次のページ] の「次のページ」をクリックしていただければ、始めに戻ります。

フラメンコ談義15

初めてのセビージャ

『 ここが日本で憧れていたスペイン !』

今なら、マドリッドからセビージャまで、AVE(日本でいう新幹線)で行けば、2時間半
ですが、私が始めてセビージャに行った時は、アト-チャ駅を、夜の11時に出発して、セビージャに、朝早く着くという夜行で行きました。

 当時、セビージャには二つのレンフェ(スペイン国鉄)の駅があり、カディス駅とコルドバ駅と呼ばれていました。 マドリッドからは、「プラサ デ アルマ」(通称コルドバ)駅に着きました。ムデハル様式(イスラムの文化を色濃く残した様式)の煉瓦と鉄のドームの建物は、今は展示会場などとして使われています。

 初めて着いたセビージャのコルドバ駅から、地図を見ながらまずは知人の住む、トゥリアーナ地区を目指して歩きました。 ここは、フラメンコの古い伝統をもち、セビージャのヒターノ(ジプシー)居住地で、フラメンコの歌い手や、踊り手、また、有名な闘牛士がたくさん昔から住んでいると聞いていた所です。

グアダルキビル川にかかる「イサベル2世橋」― 通称・『トゥリアーナ橋』- まで歩き、川向こうのトゥリアーナ地区をはじめて見た時、 「本当に今もヒターノがたくさん住んでいるのかな~ 、フラメンコのアーティストもたくさん住んでいるのかな・・・?」と思いながらこの橋を渡りました。 

この、トゥリアーナ橋は、パリの「エッフェル塔」の時代のもので、ほとんど「鉄」で造られています。自動車が通った時、足元が少し変だな?と感じたのですが、大きなバスが私の横を通った時は、はっきり橋が上下に動いているのがわかり、「この橋、大丈夫かな ?」と心配しながら渡りました。 ふと振り返ると、遠くに『ヒラルダ』(大聖堂の尖塔)や、『黄金の塔』、そして、『マエストランサ闘牛場』、また、周りの建物よりもひときわ高い「シュロ」の樹、等が、6月(こちらスペインではもう夏)のコバルトブルーのもとで、日差しのかなり強い朝日を浴びていました。

 セビージャは古くから陶器が有名で、トゥリアーナには、花柄の絵ざらや壺を売る店がたくさんありました。 そんな店がならぶ、橋を渡って正面前方にのびる「サン ハシント通り」の「ペンション」に宿を決め、知り合いに紹介してもらった人に会いに行きました。 
 トゥリアーナ橋を渡ってすぐ右に在る「公設市場」から少し離れたところにアパートを借りて住んでいる方で、古い黒ぶちのめがねをかけ、日本にいた時、テノールで歌っていたこともあるという、とても声のいい男性でした。
( この「原さん」とはこれ以来、友達になりました。・・実はつい最近、同じ黒ぶちのめがねをかけ、前歯に自分で治した(造った?)差し歯をはめ、日本に帰国しました。 )

彼のアパートの近くには、昔、『異端審問所』( カトリック世界で主に異端者の告発と処罰を目的として13世紀に設けられた機関。----スペインでは、1834年廃止された。--- )が在ったそうで、今も、通りの名前( INQUISICION 通り)として残っています。・・・ということや、コロンブスが、ここセビージャに持ち帰った(かっぱらった)金の量とか、・・・、博学の彼、原さんからは、その時、いろんなおもしろい話を聞きました。

 ここセビージャでは、いくら歩いても、なぜか疲れません。日暮れになると、「BAR(バル)」で、コップ一杯の「カーニャ」(生ビール)とタパスをつまみ、違う店では、美味しいタパスと「へレス」(シェリー酒)でまた一杯。飲み歩く街並みは、白壁の家々、ベランダには花を咲かした植木鉢、街路樹が、オレンジで、夜は、どこかあたたかさを感じさす水銀灯がそれらを照らします。そして、常にどこからともなく、「パルマ」(フラメンコの手拍子)が聞こえてくるのです。

『セビジャーナス(セビージャの民謡、舞曲)』を歌いながら、時には『ブレリア』のリズム!・・・
 
「ここはマドリッドと全然違うな~ !!」・・・と体全体で感じ、周りにいっぱいフラメンコがあると思い、自分でも、つい下手なパルマを打ちながら歩いたり、とにかく嬉しくてたまりませんでした。

 日本でアルバイトをして、お金を貯めていた時に憧れていたスペインが、ここに在る! と思いました。


拍手[1回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***