佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 14 16 17 18
19 20 21 23 24 25
26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
64
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
      2016年 

 クリスマスのスペイン旅行


      訪れる街

   マドリッド、アビラ、セゴビア、

      トレド、セビリア


      第 2 回


二日目

専用車にて、中世の街、チンチョンへ行き、そして、アランフェス宮殿に立ち寄り、
  ラ・マンチャ地方、トレドの街へ。


   チンチョン 散策

 この広場で、今も「闘牛」が行われます。


















画家の『ゴヤ』が兄弟に会いに来た時に住んでた家






このパン屋さんで、「アニス」のパンを買いました。

 アニスのお酒、『チンチョン』は有名です。



  専用車にて、アランフェスへ



       アランフェス宮殿







 「島の庭園」の散策








       「ヘラクレスの噴水」

アンダルシア街道を南へ
 『ドン・キ・ホーテラ』の舞台、ラマンチャ地方へ




昼食 「プエルト・ラピセ」村の
     旅籠風・レストランにて、郷土料理。


   「ラマンチャの焼きチーズ」










ラマンチャは、「サフラン」の産地です。

食後、コンスエグラ村の、風車を見ます。











  専用車で、トレドへ


      部屋からのトレドの全景

トレド 観光



 カテドラル





  『聖体顕示台』


    主祭壇


     18世紀の「パイプオルガン」

















 旧市街の散策





  


「ユダヤ人(セファラディー)」街
  (1492年まで住んでいました。)








    16世紀の「新ビザグラ門」




 トレド パラドール泊   

拍手[1回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***