佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4
10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
 第七回 田中先生「漫遊の旅クラブ」
『2014年10月 アンダルシアの旅 11日間 』

三日目(10月6日 月曜日)
 朝はゆっくりして下さい。トレドの全景を楽しんでください。
 「関が原の戦い」(1600年)の頃の旧市街が一望できます。







































































専用車にて、ラ マンチャ地方へ



このバスに乗り換えて、風車を見に行きます。








『 ドン キ ホーテ』の舞台、
     コンスエグラ村の風車を見学。



























専用車に乗って、昼食のレストランへ


「ラ マンチャ」の田舎
   「プエルト ラピセ」村に到着

















 昼食 セルバンテス所縁に「 旅籠 」にて。



「ドン・キ・ホーテ」メニューです。































      
食後、専用車にて、
   オリーブ畑の 『  ど真ん中  』 のホテルへ









 ウエルカム・ドリンクの、 『カバ』で乾杯 !









 これでも、ホテルの支配人です。

これから、ホテルの案内をしてくれます。




 『面白い、兄ちゃんやね !・・・』

『ここから、オリーブの実が入って、、、』





『これで、つぶしてやね、、』



 『絞ります、、、』





『ここは、オリーブを搾る工場やったんやね、、、』

















お部屋で、「シエスタ」休憩。。。。。。。。



*『パエリャの作り方料理教室』です。 











『あの兄ちゃん、コックやったんや、、、』



『このパンとオリーブ、塩、、美味しいな~、、、』


『おい!あんまり飲んだらあかんで~、、、』
、、、『ちっとぐらい、よろしやん~、!!』


『このチーズ、いや、美味しいわ!、』


『え~、このみじん切りの野菜を
  よーく炒め、、海老を入れて、、、』



『高価な、サフランも一掴み、入れます、、、、』



『良く炒めてる間に、、、、、』


『これから、くじ引き、オリーブ油が当たりま~す!』



『おめでとう! 当たりましたよ!』











『炒めてから、
   スープ(海老、アサリ等)を入れます、、』




























『炊きたてやん、熱いな~、、
    、、、、ほッ、ほ、フゥ~、、』









 モントロ 村 プチホテル泊

拍手[3回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***