佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
『2015年11月 スペイン新婚旅行』
  訪れる街 
      
マドリッド、トレド、コルドバ、セビリア、マラガ、グラナダ、
バルセロナ、モンセラット

   ・・・ 3 回 ・・・


四日目(11月18日 水曜日)
 朝の新幹線・AVEにて、南スペイン・アンダルシアへ  


09:00 マドリッド発 AVE・新幹線 



10:50 コルドバ到着


コルドバ観光 
『過ぎし日のローマとイスラムの影沈めるコルドバよ』


   ローマの『セネカ』







旧ユダヤ人 街





「スファラディ」のユダヤ人の家






ユダヤ会堂(シナゴーグ)


ヘブライ語は、右から左に書き読みします。
(右から左は、アラブ語、昔の日本語と同じです。)











ユダヤの賢人「マイモニデス」




    『神学者』、『哲学者』、『医者』









銀細工(コルドバの伝統工芸)













コルドバ大学





12世紀のアラブ人眼科医
   『モハメッド アル ガフェキ』

    







現「モスク」そして、「イスラム大学」





花の小道










「サン ラファエル」



ローマ橋























 旧回教寺院






「ミヒラム」





カテドラル 「聖具室」



『聖体顕示台』
























昼食 レストラン「 CABALLO ROJO」にて。





コルドバの名物『サルモレホ』


「アーティチョーク」


コルドバ風「茸料理」

コルドバ名物料理『ラボ・デ・トロ』(テール料理)










アラブ人哲学者「アベロエス」

駅に行き、新幹線で、セビリアへ
15.25  AVANT 08744 コルドバ出発






16.10  セビリア到着  

  タクシーにてホテルへ。


ホテルの部屋から、「ヒラルダ」が見えました。



『ドン・ファン』









ゴムの木




















アルカサール


黄金の塔


旧タバコ工場


ゴムの木







スペイン広場











「エル・シド」














闘牛場





本場の「フラメンコ」




















フラメンコの歌い手「アントニオ・マイレーナ」


トゥリアーナ橋

















これから、夕食です。


前スペイン国王










イカ墨パエリャ









 
  セビージャ泊

拍手[1回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***