佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
<スペインの「美味しい料理」を求めて>

7月の上旬に、マドリッドから、北スペイン・バスク地方を
ご案内しました。

一日目

 日本からマドリッドに到着され、ホテルの向かいの
「バル」をご案内しました。







 イベリコ・ベジョータの生ハム


 この生ハムが、『美味しかった』と何度も
 おっしゃってました。


      ブルーチーズ

 ・・を、赤ワインで頂きました。

マドリッド 泊

二日目

 朝食は、『チュロス』を食べに行きました。

 









 この店では、「揚げたて」を出してくれます。
(チュロスは、揚げたてがやはり美味しいですね。)



 アトーチャ駅から、近距離新幹線で、
    トレドへ行きました。







 駅から、市バスに乗ってトレドの正面玄関へ
  市バスで行きます。






  16世紀の「新ビザグラの門」



  サンティアゴ教会(昔は回教寺院でした。)




 トレドから、リスボンまで流れていく「タホ河」







    旧ユダヤ人街







 サント トメ教会





トレド県の刺繍の村・「ラガルテーラ」の店が在り、
 立ち寄りました。























 パラドールで少し休憩です。。。。



全景を観ながら、「夏の赤ワイン」を飲みました。


    。。。。。。。。。。。。。。

 近距離新幹線でマドリッドへ戻りました。

マドリッドのアトーチャ駅に到着して、
 タクシーにて、レストランに行きました。







 これが4種類の海老と鮟鱇も入った
  評判の「パエジャ」です。





 食後、地下鉄にて、セゴビア行きの
バスターミナルへ行き、セゴビアの観光です。


 13世紀の「サン ミジャン教会」
























     マヨール広場


          カテドラル


「ナポレオン戦争」記念碑


     12角形の「ベラ クルス」教会














   アーモンド



 路線バスにて、マドリッドへ戻ります。







 地下鉄で、街の中心へ





     マッシュルームの店へ









 「サン ミゲル」市場に立ち寄りました。




      マヨール広場


      ソル広場



       タコの専門店






 

マドリッド 泊












拍手[2回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***