佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4
10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター

スペイン個人旅行
『旧アラゴン王国と東アンダルシア、
            地中海の旅 12日間』
 


   最終回

九日目(6月18日 木曜日)

 今日は、トボソ村から、ドン・キ・ホーテの舞台、
コンスエグラ、そして、トレド、アランフェス、から
チンチョン村を見学し、マドリッドまで行きます。




16世紀の屋敷ホテル











 ホテルのオーナーが挨拶に来てくれました。





『アディオース!! さようなら~!』。。。。

   専用車にて、コンスエグラの村へ


Campo de Criptana(カンポ・デ・クリプターナ)







コンスエグラに到着。

これから『風車』の見学です。












この村の『サフラン』は最高です。


水で、「香り」と「色」が出るのです!







  専用車にて、トレドの街へ

   
トレドのパラドールにて、
    全景を見ながらコーヒータイム。











専用車にて、Aranjuez(アランフェス)に立ち寄り、
  チンチョンへ



アランフェス宮殿









 Chinchon(チンチョン)散策
   中世の面影を残すマヨール広場など。





マヨール広場



























   画家『ゴヤ』のチンチョンの家















 昼食 有名なこのレストランの郷土料理です。
 








これから、「ボデガ」(酒蔵)の見学です。


 有名人がサインをしています。




















昔は、このように使っていました。




ハウスワイン(赤)が入っています。




ハウスワイン(赤)








チンチョン名物の「チョリソ」(腸詰)焼きです。

 

 当然、「炭焼き」です。






牛ヒレに串焼き












 専用車にて、マドリッドへ
   
夕方、ホテルに到着 少し休憩。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。
 旧市街へ


 マヨール広場



フラメンコを観ることになりました。










これから、『メソン』(居酒屋)にて、夕食です。















 『熱いですよ!』、、、、フゥ、フッ、フ、、、












・・・デザートのアイスクリーム。。。。。





 王宮





 スペイン広場



『ドン・キ・ホーテの道』を訪ねる旅、、、、
 ・・・・・・ここで終了です。

 
  マドリッド泊  

    
十日目(6月19日 金曜日)
* マドリッド 終日フリータイム。 
市バスで、公園へ





シベーレスの噴水




「アルカラ門」



レティーロ公園の散策。



 昼食 久しぶりのお米料理です。






イベリコ・ベジョータの生ハム



、、、、、美味しい赤ワインでした!









『魚介のリゾット』。。。。。








 4人前を注文して、6人で食べるのですが、、、
 、、、、量が多いので皆さん、ビックリ !




「レモン・シャーベット」




 食後酒の「オルホ」(焼酎)です。


 ホテルに戻り、シエスタ(昼寝)。。。
 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

  地下鉄にて、夕食に出かけます。





 ソル(太陽の門)広場



 下町のレストランにて、旅の最後の夕食です。

・・・・・『サル~ !』(乾杯 !)・・・







 「陶板焼き」  塩だけです!



























市バスにて、ホテルに戻ります。





   マドリッド泊   
十一日目(6月20日 土曜日)最終日です。
 ホテルから、空港まで、専用車にてお送りします。


旅を共にした運転手、Sr.ホセ・ルイスさんとお別れです。

 『 グラシアス! アディオ~ス !』



       さようなら~ 

   またお会いしましょう!!!
 マドリッド空港       10:15 AY3184
       ヘルシンキ           15:30
                                   17:15 AY79
              
十二日目(6月21日 日曜日)

 中部国際空港     08:50 到着。
      お疲れ様で~す!

*************************************

お客様から、以下のメールを頂きました。
・・・・・・・・・・・・
佐々木様
 今回も楽しく、美味なる旅をありがとうございました。
シグエンサのパラドールはとても素敵でしたし、ゴヤの村訪問や、
ドルシネアの村のホテルは興味深いものでした。
 そしてモハカルでは、リゾート気分をたっぷり味わうことが
出来ました。
 
早速お送り下さった写真の美味しそうなお料理を見ながら、
次回はバスクの
グルメ巡りもいいし、旬のキノコ料理や
カンタブリアの魚介類も・・・などなど
 
いろいろ思い浮かべています。
 
 また、次なるプランをお待ちしています。
 
 
        6月29日         A.T

拍手[1回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***