佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
2014年 10月 スペイン漫遊の旅
 10月16日 ~ マドリッド 5泊

日程

10月16日(木曜日) 
  19:10 フランクフルト発 JL7843
  21:50 マドリード着
 日本から、マドリッド到着
  空港から、タクシーにてホテルへ

 ホテルの側の『BAR・バル』にて、ちょっと一杯、、
  マドリッド泊
 
10月17日(金曜日)
 近距離新幹線にて、トレド(世界遺産)の街を往復。
トレド観光  カテドラル(大聖堂)、サント・トメ教会。
   
 画家の「グレコ」と「天正少年遣欧使節団」が出会った、旧市街の散策。
 昼食  トレドの郷土料理
午後 マドリッド 観光
 市バスにて、スペイン広場へ
  徒歩にて、オリエンテ広場、 マヨール広場、ソル広場
  
 夕食 ホテルに近くの「BAR・バル」にて。
    
  マドリッド泊


10月18日(土曜日)

  セゴビアへの路線バスで往復です。

 セゴビア観光 
   ローマの水道橋、アルカサール、旧市街。

 昼食 名物料理の『仔豚の丸焼き』
  今、土地の人に評判のレストランで、前菜は、今が旬の「茸」の料理
   (茸に、「フアグラ」と「トリフ」)です。)   
   
 夕方の路線バスにて、マドリッドに戻ります。
  夕方 プラド美術館 入館
      (夕方の18:00以降は入場料が要りません。)
 夕食 旧市街(マヨール広場界隈)の「メソン」(居酒屋)で軽い食事。
    
 マドリッド泊
 
10月19日(日曜日) 

 今日は、新幹線にて、「クエンカ」を往復します。

10.45  マドリッド出発 AVE 05102
11.36  クエンカ 到着 タクシーにて、旧市街へ



 クエンカ 観光 







ウエカル川の断崖の上に建てられている「宙吊りの家」










市役所

















「最後の晩餐」





















 タクシーにて、新幹線の駅へ


17.43 クエンカ 発 AVE 05163
18.35 マドリッド 到着
*レイナソフィア美術館 入館 (19:00以降は入場が無料です。)
  ピカソの『ゲルニカ』鑑賞
 夕食 マドリッドの旧市街の『バル巡り』です。
 マドリッド泊

 
10月20日(月曜日)
  
  マドリッドから、AVE・新幹線で、まず、コルドバの街へ

09.35 マドリッド出発 AVE 02092
11.25 コルドバ 到着



*コルトバ観光








ローマの「 セネカ」





 ユダヤ人街





 ちょっと一杯



 コルドバの地酒「モンティージャ」



茄子のつまみ









ユダヤの賢人「 マイモニデス」


12世紀のアラブ人「眼科医」
 『モハメット アル ガフェキ』









現在の回教寺院・イスラム大学





花の小道












ローマ橋








メスキータ(回教寺院)















 昼食 
コルドバの郷土料理




コルドバ名物の「モツ煮」


コルドバの名物「サルモレッホ(salmorejo)」



 食後、 AVE・新幹線にて、
   コルドバから、セビリアへ行きます。

15.25 コルドバ 出発 AVANT 08744

16.10 セビリア 到着



*セビリア観光 
 新大陸貿易で、大量の『金、銀』が持ち込まれた街です 



サンタ クルス街の散策




「ドン・ファン」

















馬車で、スペイン広場、マリア・ルイサ公園など散策



「アルカサール」


「黄金の塔」


「サンテルモ宮殿」


「マリアルイサ公園」









「スペイン広場」








「エル・シド」


「カテドラル」


「ヒラルダ」




闘牛場


闘牛士「クーロ・ロメロ」


オペラの「カルメン」



カンタオール(フラメンコの歌い手)
 「アントニオ・マイレーナ」















新幹線にて、セビリアから、マドリッドへ
19.45 セビリア 出発 AVE 02191
22.15 マドリッド 到着
 マドリッド泊

10月21日(火曜日)
  出発まで、買い物など、フリータイム・・・

*この予定でしたが、「ルフトハンザ」がストライキ! 

急遽、フライトを、イベリア航空に変更して、
   まずは、安心。
  
 パエリャ専門店にて、評判の「パエリャ」を食べて頂きました。

  ホテルから、マドリッドの空港へ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
その場で、コーディネートして、
    ご希望の旅をして頂きました。


     また、お会いしましょう !

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

佐々木殿
本日予定通り自宅戻りました、お世話になりました
大分歩いたおかげで体重出発時と同じでした
次回もよろしくお願いします
 
健康に留意しましてお過ごしください

・・・

000様
 早速のメール有難うございます。 ご無事に帰国され安心しました。
私の案内は、結構歩きますが、さぞかしお疲れになったと思います。
 ゆっくり旅の疲れを癒してください。
次回のバルセロナへの旅もご案内させて頂きたいものです。
バルセロナの『ガウディー』、下町の『バル巡り』、バルセロナ郊外の「タラゴナ」、
「フィゲーラス」、「モンセラット」、、、
奥様によろしくお伝えください。楽しい旅をお約束します。

00様にも、くれぐれもよろしくお伝えください。
「ポルトガルの旅」、思い出の残る『漫遊の旅』を企画させて頂きますこと、
 お伝えいただければ幸いです。
私は、毎日、「ボケ防止」の為に、「1万歩」歩く事にしています。
 私の仕事は身体が資本ですから、、、

  ボケずに歩けるうちは、仕事したいと思っています。
 これからも宜しくお願いします。
恐惶謹言。 佐々木郁夫 拝

 
  
 

拍手[0回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***