佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
2015年 10月後半 仲間3人で行く
『ポルトガル漫遊の旅』


「美味しい料理」を求めて

・・・ 1 回 ・・・

ポルトガル
リスボン、シントラ、ロカ岬、オビドス、ナザレ、ポルト、

スペイン
サンティアゴ デ コンポステーラ 、マドリッド

企画・案内 佐々木郁夫


大航海時代にポルトガルとスペインが世界を征服した時代、世界各地からポルトガルにやって来た文化はヨーロッパにどのような影響をもたらしたのか、そして、ポルトガルに発見された(1541年)日本との関わりを天正少年遣欧使節がやって来た(1584年)時代に思いを馳せながら、ユネスコの世界遺産を観て周る旅です。それぞれの地方における、自然、歴史、宗教、
文化、人々、食、伝統手工芸などを味わいながらの、オリジナル企画の旅です。  
  
( ポン酢、醤油、「練り本わさび」、七味唐辛子、割り箸、・・・
   ポルトガル料理に合う「ポン酢」は特にお忘れなく!  )
*******************
 日程
一日目(10月20日 火曜日)
 11:20 出発 JL043便 羽田
  15:50 ヒースロー 到着
   20:30 ヒースロー 出発 JL7733(BA) 
 23.05 リスボン 到着
 リスボンの空港に私がお迎えに行きます。


  専用車にてホテルへ
 リスボン 泊 
   
二日目(10月21日 水曜日)

 朝は、ゆっくりして頂き、リスボンの観光です。





リスボン名物の「ちんちん電車」で街を散策します。


この新しい路面電車に乗りました。
世界遺産の『ジョロニモス修道院』




ルイス・カモンエス
(ポルトガル最高の詩人)














バスコ・ダ・ガマ

『発見のモニュメント』



ポルトガル人は、1541年 豊後に到着


「4月25日橋」


『べレンの塔』



初めて大西洋を渡った飛行機





旧市街の散策


「銀座通り」


「サンタ・ジェスタ」のエレベーター



3人のお客様(男性)と私は、、、、、
   しばらく見惚れてしまいました。。。。



 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



ロシオ広場




ロシオ駅


レスタウラドーレス広場

昼食 ホテルの近くの、レストランにて。


この蟹を食べに来ました。




魚介スープ




   蟹       アサリ      蟹





食後は、ホテルで、休憩です。
  。。。。。。。。。。。。。。。。

 夕方、『ちんちん電車』で旧市街の散策です。










 アルファマ地区





  「サン・ジョルジェ城」からの景色 。



・・・ちょうど、日没、、、、、












コメルシオ広場




4月25日橋


「サンタ・ジェスタ」のエレベーター


                 滞在ホテル








市バスに乗って、街へ






「サンタ・ジェスタ」のエレベーター
 に乗って、展望台へ






ロシオ広場



バリオス・アルタ地区の散策




 サン・ロケ教会










「ちんちん電車」で降りました。







ロシオ駅

 歩いてホテルに戻り、部屋で宴会となりました。
・・・久しぶりの、『焼酎』、『日本酒』と、、、
 懐かしい日本の『珍味』を頂きました。

リスボン泊

拍手[1回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***