佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
2017年10月末 スペイン新婚旅行


  <10月29日成田出発、11月7日成田到着>


         訪れる街


   マドリッド、トレド、コルドバ、セビリア、
      マラガ、グラナダ、バルセロナ


         第 3 回


 今日は、南スペイン・アンダルシアの 
  「コルドバ」と「セビージャ」の観光です。

四日目(11月1日 水曜日)
 朝の新幹線・AVEにて、南スペイン・アンダルシアへ

09:00 マドリッド発 AVE・新幹線 


10:50 コルドバ到着



荷物を駅に預けて、徒歩にてコルドバの旧市街へ



                                   
コルドバ観光 
:<『過ぎし日のローマとイスラムの影沈めるコルドバよ』>







 旧ユダヤ人街





 <おっさん『バル』>に立ち寄りました。



 コルドバの地酒『モンティージャ』




      つまみは、「茄子」











『セファラディー(セム)系ユダヤ人の家』

 当時のコルドバの街

       世界学問の中心


 ユダヤ賢人『マイモニデス』






12世紀のアラブ人眼科医
『モハメド アル ガフェキ』





 現在の「モスク(イスラム寺院)」
        そして、「イスラム大学」






   『花の小道』













 ローマ橋



昼食 レストラン「 CABALLO ROJO」にて。




       コルドバ風「モツ煮」


       「アーティチョーク」


    コルドバ風「茸料理」

コルドバの名物料理、「ラボ・デ・トロ」(テール)

食後、タクシーにて駅に行き、新幹線で、セビリアへ

     ・・・・・・・・・

      次回に続づく。。。。。

********************

来年、2018年の旅を受け付けています。

****************


 以下をクリックされ、旅の夢を膨らませて下さい。

  *
2018年『スペイン個人旅行』、
      そして、『ポルトガル個人旅行』

  

   上記の旅に付いての、
      お問い合わせ、
お申し込み、ご相談は
 
       『 メールを送る     


 上の、『メールを送る』を、 クリックして頂き、
     メールにてご連絡ください。

  皆様のお越しを心からお待ちしています。

        佐々木郁夫 拝

拍手[2回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***