佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
『私たちの新婚旅行』

2006年 8月



一日目

日本からミラノ経由でバルセロナに到着。
タクシーでホテルまでお送りしました。

二日目

 バルセロナ市内観光。



朝食はゆっくり十分にいただきました。




これから観光です。




「スパ」もあるこのホテルに2泊しました。






地下鉄で「サグラダ・ファミリア」まで回数券で行きました。




ここに来るのが旅の大きな目的でした。




公園から。






エレベーターを1時間半待ってやっと上へ。




これを写すのにはとても大変でした!怖くて!



買い物の後、地下鉄で他の「ガウディー」を観に行きました。



カサ・ミラ




カサ・バトリョ






ドメネク・イ・モンタネール(建築家)の
『カタルーニャ音楽堂』




ここ、ピカソ美術館には2時間近くいました。


昼食です。



焼きナスと焼きピーマンの前菜とサラダを一皿づつ注文し
3人で分けて食べました。




ロブスター入りのパエジャを1人前注文し、
(パエジャは通常2人前からしかオーダーできないのですが、ここは1人前の注文を受けてくれました)、 3人で食べましたがお腹がいっぱいになりました。




カタルーニャ名物の「クレーマ・カタラン」と「パジャマ」というこのレストランの名物デザート、・・・これは、一人前ですか??  そうです!


食事の後、タクシーで「グエル公園」に行きました。



グエル公園 1




グエル公園 2


タクシーでホテルに戻ったのがもう夕方、
昼食が遅かったし。飛行機旅の疲れをとる為に
夕食はなし、ゆっくり休んでもらいました。

バルセロナ 泊

二日目

 飛行機にて、セビージャへ。

セビージャのホテルに到着後、市内観光。



ホテルのロビーにて。
これから、セビージャの観光です。




ホテルの近くの闘牛場にて。




闘牛士『クーロ・ロメーロ』と共に。




「ヒラルダ」塔 と 「カテドラル」(大聖堂)


カテドラル内を見学した後、旧ユダヤ人街へ。



ヒラルダの塔を後に、「サンタ・クルス街」(旧ユダヤ人街)へ。




サンタ・クルス街  散策




「ドン・ファン」と共に。


お腹がすきましたので、このあたりで昼食。

夏が名物の「ガスパッチョ」(冷たい野菜スープ)をいただきました。

そして


魚のアンコーと野菜の串焼きを、一皿注文しました。




メインは「イベリコ豚」の炭火焼を1人前(一皿)注文しました。
3人で食べてちょうど良い量でした。・・・値段は、三分の一!!




これから、馬車に乗っての観光です。




スペイン広場




マリア・ルイサ公園 1




マリアルイサ公園 2


この後、ホテルに戻って、シエスタ(昼寝)です。
外の気温は、40度!スペイン人は皆寝ています。
我々も当然、昼寝しました。

シエスタの後、少し涼しくなってきたので、散歩に行きました。

橋を渡り、「トゥリアーナ地区」へ。
フラメンコのアーティストや闘牛士も住んでいる雰囲気のある所です。

夕食はこの夜景が楽しめるレストランでつまみました。









レストランの屋上で、涼しい風とこれら夜景を見ながら、
セビージャ名物の「フリツーラ」(小魚のフライの盛り合わせ)、
タコのマリネ、などを、皆でつまみました。

トゥリアーナ橋を渡って、歩いてホテルに帰りました。
まだ、夕涼み(といっても、夜の12時)をしている人が
テラスで「カーニャ」(生ビール)を飲んでいます。

セビージャ 泊


三日目

朝10時の出発で今日は専用車でセビージャからグラナダへの移動です。



二人だけで大型バスを貸し切り。

小型バスを頼んでいたのに、故障して、来たのが何と55人乗りの大型バス!



何処までも広がるオリーブ畑




バスの運転手さんと共に。




『このドライブインは「黒豚の生ハム」が安くて美味しい』と運転手さん
が教えてくれたところです。




これが「黒豚の生ハム」です。

中のレストランで昼食を皆で食べました。いろいろ注文したのですが、割り勘したらとても安く、美味しいレストランでした。


またオリーブ畑を見ながらグラナダの街に到着。



16世紀のアラブの屋敷ホテル




ホテルのロビーでまずはビール!少し休憩。


これから、アルハンブラ宮殿の見学です。



カルロス5世宮殿




この門をくぐって「アルカサーバ」へ向います。






13世紀の水洗トイレです。




アルカサーバ 1



アルカサーバ 2



これから、宮殿の見学に行きます。




アラヤンヌの中庭 1




アラヤンヌ 2



ライオンのパティオ




星のような天井




王の間にて




ヘネラリッフェ 1



ヘネラリッフェ 2



ヘネラリッフェ 3


アルハンブラ宮殿をあとにして、今度は「アルバイシン地区」の
見学です。



アルハンブラ宮殿をバックに記念写真!




 
これから、時と光が移り変わる“ アルハンブラ ”を観ながら
年代物の赤ワインと「黒豚の生ハム」をいただきます。



今、宮殿がライトアップされました。




この夜景と二人の幸せに、乾杯 !!




歩いて、近くの『洞窟のフラメンコ』を観に行きました。

 
グラナダの観光
「アルカサバ」、「アルハンブラ宮殿」、
 「アルバイシン」、「サクロモンテ」・・・そして、夜景と「フラメンコ」

お疲れ様でした!

グラナダ 泊

四日目


大型の専用バスにて、グラナダからトレドのパラドールまで移動します。



ホテルで朝食




ラ・マンチャ地方へ入る前の休憩。





ラマンチャ地方の昔の「旅籠」風レストランで、郷土料理をこれからいただきます



ドン・キ・ホーテと共に




ラ・マンチャ料理って、どんなものかな~?




新鮮なミックスサラダ と 名物の「ピスト マンチェゴ」




子羊(あばら)の炭火焼




子羊の煮込み料理




風車をバックに

ラ・マンチャを後に、トレドへ向います。

これから世界遺産の旧市街をゆっくり見学します。
「バル」で休憩してから、中世の「アラブの街」風のトレド観光です。



カテドラルにて




遠くにカテドラルの尖塔が見えます。

観光の後は、二人をパラドールまでお送りし、バスの運転手も私(通訳ガイド)もマドリッドにいきました。

二人だけで、夕日をあびるトレドの街の全景が観えるセミスイートの部屋で
ゆっくりしていただきました。

トレドの夜景を見ながら、パラドールのレストランで、二人だけの夕食!!

トレド パラドール 泊

五日目

朝11時30分頃、マドリッドからお迎えに来た通訳ガイドと 新幹線に乗ってマドリッドに移動です。


タホ川によって北東から、東側、南側、西側を囲まれた
トレドの街の全景です。








パラドールの前にて。




パラドールのテラスにて。




トレドの街の全景




これからチェックアウトです。




タクシーでパラドールからトレド駅へ。



トレド駅




これに乗って30分でマドリッド到着です。




車内




マドリッドのアトーチャ駅に到着。

ホテルに行ってチェックイン
荷物を部屋において、マドリッド観光です。



プラド美術館をゆっくり見学しました。

「フラ・アンジェリコ」・「ファン・デル・ワイデン」・「ブリューゲル」
「ボッシュ」・「ティッツアーノ」・「ティントレット」・「エル・グレコ」・「リューベンス」・「ベラスケス」・「ゴヤ」、、、、、



このパエジャ専門店でこれから昼食です。
今午後の2時半です。いつも満席、少し待ちます。



これがパエジャなんだ~! エビがいっぱい!
(ピンボケ・・・すいません!)



いただきま~す!
2人前を注文して、3人でいただきました。
当然、通訳ガイドは「エビ抜き」パエジャ!・・・最高に美味かった!


美味しい昼食の後、マドリッドの市内観光です。



市バスに乗って観光しました。




スペイン広場にて。




オリエンテ広場、王宮をバックに。



このオリエンテ広場のテラスで休憩。

38度のマドリッドでしたが、湿気はありませんからカラッとして、日陰は涼しいです。 




ここが「キロメートル0」地点。




ホテルで一緒になった人達とマヨール広場を散策。




このメソン(居酒屋)で、マッシュルームの鉄板焼き、生ハム、イワシの酢漬け、イカの天ぷら、・・・などを食べました。



ホテルの近くの「BAR(バル)」にて。

・・・・お疲れ様でした!

明日は帰国日です。荷物の整理、頑張ってください!

おやすみなさい。

マドリッド 泊


六日目

ホテルから空港までタクシーでお送りし、チックインの後、お別れしました。

お幸せに!  またお会いしましょう!

拍手[1回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***