佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター
<お客様の声>

佐々木 様
この度は、私共のサン・セバスティアンの旅にご同行いただき誠にありがとうございました。
 
「世界一の美食の街を知りたい」という所から始まった今回の旅ですが、なにぶんスペインが初めてという事で右も左も分らない状況からのスタートでした。
 
旅の主催である私の上司の希望は、料理を知りに行きたいのでレストランを重点的に訪れたいという事でした。
曰く、「レストランだけ回りたいからツアーは使わない。予算が少ないから予算と合わなければガイドは無しで行く。」
(そんな無茶な…。しかしそれが結果的に佐々木様との出会いにつながったわけですが…。)
 
何とかしなくてはとインターネットで検索し、目に留まった1つのブログ。見たこともないような料理の写真、旅の様子が目に飛び込んできました。
 
「バル巡り」
 
これは理想的かもしれない…。
 
どんな方かわかりませんでしたが、藁にもすがる思いでメールを送らせていただきました。
これが素晴らしい旅の始まりとなったわけです。
 
まず日程をお伝えし、予算をお聞きしました。何も知らない私に丁寧にご説明してくださいました。
(本来なら半年、1年くらい前からご相談させていただけば、よい条件の飛行機、ホテルを教えていただけるといことを旅の中で教えていただきました。)
 
そして、2週間前という急な依頼、限られた予算にもかかわらず、快く引き受けてくださいました。
(後々考えれば、これは普通ではありえない特別な対応をしていただいたと感謝しております。)
 
サン・セバスティアンに着いてから、佐々木様に案内していただいた3日間は、驚きと感動の連続でした。
 
 7月上旬のラ・コンチャ海岸は、バカンスに入った人々でにぎわい、青い海と白い砂浜が文字通りキラキラと輝いるように感じたのを今でも思い出します。
 
そして旅の目的である美食の街サン・セバスティアンの料理はというと・・・、本当に素晴らしかった!
これは言葉では言い表すことができません。一言添えるなら、「生まれて初めて体感した味」がそこにありました。
 
実は、佐々木様にご紹介していただいた料理が特別だったのだと、改めて認識させられた出来事がございました。
サン・セバスティアン初日の夜に、日本語ガイド帯同で、2時間・20,000円で3軒まわる美食ツアーに参加した時のことです。
(ガイドが見つからなかった場合に備え、サン・セバスティアン初日の夜にグルメオプショナルツアーを申し込んでいました。2時間も待っていただき申し訳ございませんでした…。)
 
たしかに、どの店も賑わっているお店でしたが、あれ、見た目が…、あれ、味が…、初日のお昼に佐々木様にご紹介していただいた料理とは明らかに違うように思いました。
衝撃的だったのは、港町で新鮮な食材があふれているサン・セバスティアンにおいて、日本でもメジャーな「カニかまぼこ」が出てきたことでした。
ツアー会社を通じてのオプショナルツアー、失敗でした。あの料理の内容で、2時間・20,000円…、カニかまぼこ…。
さあ、気を取り直して2日目のスタートです!(笑)
 
あと、感謝申し上げたいことがもう1つございます。
料理を知る旅、とはいえ人間は食べ続けることはできません。料理と料理の間にうまく観光を織り交ぜていただきました。
普段日本で見る事のできない美しいバスク地方の景色には、おなかだけでなく心も満たされました。予算をかけず、流れの中で観光させてしまうテクニック、流石です。
 
特に印象深かったのは、フランスとの国境近くの、とあるレストランで食事を終えた時のことです。
「ちょっとフランス行ってみますか?」その一言で始まるフランスへの旅。
 
その国境近くの街では、国境となる川を渡るために地元の人々が使う渡し船が行き来しており、それに乗ってフランスに渡れるとのこと。
金額、1.8ユーロ。たった250円くらいでフランスへ行ってカフェオレを飲んだ経験は、日本へ帰ってからの良い土産話になりました。
 
夢のような素晴らしい3日間は心とおなかを満たし、素晴らしい経験と思い出を私共に残してくれました。それもこれもすべて佐々木様のおかげです。
 
最後になってしまいましたが、毎日夕食が終わる23:00過ぎまでお付き合いいただき、また、きちんと帰れるようにとホテルに帰るまで同行していただきました事、感謝しております。
本当にありがとうございました。
 
また、スペインを訪れる予定が立ちましたら、今度は早めに(笑)ご連絡入れさせていただきます。その際は、またよろしくお願いいたします。
 
K・K 


*************

佐々木 郁夫様

旅を満喫しました。

 スペインへ行こうと二組の夫婦で決めたのは昨年10月。
 日本旅行、JTB、近畿ツーリスト、等々山のようなパンフレットを読み漁り、
 また旅行社を通じて個人手配の見積もりを頼んだりしたものの何となく納得がいかず、
 パソコンでスペインを検索、どうやって『スペインなんでも情報リアルタイム』に行きつい たか忘れてしまいましたが、そこにある≪スペイン手作り旅行のお誘い≫の文字に引き 寄せられるように、クリックをして佐々木さんのブログを開きました。

 そうそう私が行きたかったのはこんな旅なんだ!!と思うと同時に、果たしてこのブログ を信じていいの? 詐欺のニュースを聞く度に「どうして騙されるの?」と思っていた私。
 なのに西の果ての国の全く会った事もない人とメールをし、お金を送金し、マドリッドの  空港に着いて 「それは詐欺でした」なんて事になったら、私以外の3人にどうやって謝 ったらいいの?

 まずは主人と友人夫婦にこんなブログがあり、私の理想の旅があると説明。
 始めは疑心暗鬼の状態だったのが、佐々木さんとのメールのやり取りで、すっかりその 不安も解け、マドリッドに着いた時は、(同じ世代ということもあり)ずっと前から知り合っ ていたような打ち解けた雰囲気の中、笑い、楽しみ、美味しい食事をし、歩き、公共の交 通機関を使う事で、スペインの文化と人に触れる事ができました。

 どこに行っても佐々木さんお馴染みのレストランやバルがあり、美味しく安い!!
 6時からのプラド美術館、無料だけどたった2時間でいいの?と思いましたが、
 要点を付いた説明で、ゴヤやベラスケス、グレコ、ムリーリョ、それらの重要な作品を
 きちんと鑑賞することができ、翌日夕方行ったレイナ・ソフィア美術館のゲルニカは、
 ゲルニカを見る前の佐々木さんのレクチャーがなければ、あの感動はなかったでしょう。

 ピカソがゲルニカを描くに至る歴史を知らなければ、私達がゲルニカを見る資格はない
 とまで思わされました。美術の鑑賞は量ではなく、質なのです。

 色々と限りなく今回の旅行の素晴らしさは尽きる事がありませんが、まずは私のように  一歩踏み出さなくては、この喜びも感動もありません。

 ブログをご覧になった方が、不安を感じることなく佐々木さんの旅行に参加されます事を 祈っております。

 もし、この旅行に参加されたい方からお話を聞きたいとおっしゃる方がおられましたら、  遠慮なく私のアドレスをお知らせください。
  私が皆さんの不安を取り除き、佐々木さんの旅行で今までにない体験をなさいます事 を心より祈っております。                             
                                     
  P.S. 来週水曜日、我が家でスペインで買った生ハムと写真をつまみに旅行報告会をする予定です。
      行けなかった友人達が私達の失敗談(笑)を楽しみにやってくる予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
佐々木さん

帰国して2日経ちました。改めてありがとうございました。
前の旅とあまり日にちが空いていなかったのでお疲れなのではありませんか?
こちらは000夫人が一番元気です。

早速、000家で今週の水曜日に報告会ということで、話によく登場した00ちゃんをはじめ友達が集まります。(彼女は靴を気に入ってくれました)
私は・・・といえば 時差ぼけを楽しんで(?)ぼちぼちやっています。
さて、00がメールを送ったよ と電話の向こうで読んでくれました。
まさに彼女の言うとおり!なかなか味わえない旅の醍醐味を堪能しました。
責任感の強い彼女のこと、いろいろ気を遣ってくれましたが、彼女が佐々木さんのサイトを見つけなければ今回の楽しい旅はなかったのですから00に感謝です。
佐々木さんの日程がちょうど空いてたことなど、縁(えにし)を感じた旅でもありました。

さて旅を振り返ってちょっとだけ書いてみますね。
まずは食事。
思い出してみるとどれも美味しかった料理なのですが、特に私が気に入ったのをあげると・・・
マドリッドのパエジャは最高。
トレドは豆。
貴族の館のプリン。
セビージャの河畔のレストランはガスパチョ、イカ墨のリゾット、レモンシャーベット。
ロンダの生ハムが薫り高く辛くなく私の一番かな?
コスタデルソルでの貝。
それから・・・えっと。これから後は美味しさに麻痺してどれがどれだか?
とにかく美味しかったです!!

案内していただいたところでは
コルドバのメスキータは今まで見たことがない不思議な空間でした。
それから何といってもアルハンブラ宮殿。
夜景の美しさは忘れることができません。

またバルセロナでのガウディの作品の素晴らしさ。これは実際見ると見ないでは大違いですね。
ガウディの思想が未来を見据えた進んでいるものであると感じました。
ピカソのすごさにガツンときました。

今回の旅は花が華を添えましたね(おやじギャグ)
お天気にも恵まれました。

まだまだたくさんあります。
上手く言い表せませんが、一言でいえば印象深い楽しい旅でした。
一つだけ心残りがあります。サグラダファミリアの塔に登らなかったこと。
また行かなくちゃ!

まだまだ魅力的な都市がたくさんありそうで、またしっかり働いて伺えたらなと思っています。
その時はよろしくお願いいたします。
また帰国されたときは福岡にもぜひ足を延ばしてください。
観光地はありませんが、お魚は美味しいですよ。
冬のフグももちろんですが、ゴマサバ(生のサバを胡麻和えで食べる)はおすすめです。

これから暑くなります。お体に気を付けて下さい。
栗本さんにもよろしくお伝えください。

                    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

佐々木さんへ

 今回は大変お世話になり、ありがとうございました。
初めてのスペインの旅がこんなに印象に残るものとなるとは、正直びっくりです。
食べ物がおいしいとは、事前に聞いていましたので期待はしていましたが、期待をはるかに上回るものとなりました。  これも佐々木さんという、素晴らしい案内人のおかげであると全員思っているに違いありません。

 私は食べ物のほかに、イスラム文化やガウディ等に大変興味を持ちました。ガウディの自然との共生の思想は、1世紀以上前の考えとは思えません。今でも十分新しいものです。当時としては、やや異端だったかもしれませんが、ちゃんと評価する人々がいたということがすごいことです。また、イスラム文化を目の当たりにして、そのすごさに驚きました。ともすれば西欧文明に、我々日本人は目が行きがちですがイスラム世界もすごいと再認識させられました。

 今回の旅行を一言でいうならば、カルチャア・ショックと言えるかもしれません。
非日常の世界を体験できて、さび付いた脳と感性が少し目覚めました。これを機会にスペインを少し、研究してみようと、思っています。

 また、スペインの北部、バスク地方等、ポルトガルも行ってみたいと思います。
佐々木さんが現役のうちにまた案内してもらい、実現したいと思っています。本当にありがとうございました。

次回を期待しています。 お体をご自愛してください。
                             

*お客様からのメール*

佐々木様

00です!3人とも無事に自宅に到着できました!
楽しい旅行になり、ありがとうございました!!

昨日は、帰ってから家で爆睡してしまいまして、
ご連絡が遅れてしまいました。

今日は、さっそく仕事に復帰です・・・・トホホ。

荷物が届いて落ち着きましたら、
またご連絡致します。

本当に美味しいものと、ステキな景色。
スペインが大好きになる旅でした!!

ありがとうございます。
取り急ぎ、お礼まで・・・

・・・・・・・・・・・・・・・
佐々木様

すっかりご無沙汰してしまい、ごめんなさい。
大阪の00です。

8月はあっという間に終わってしまい、9月になってしまいました!!
スペインの印象は強烈で、街の気配が忘れられませんっっ
時差ぼけもなかなか治らず、眠たい日々がかなり続きました...

帰ってから、なんとも贅沢な時間を過ごせたなぁ。と実感しています。
実質4日間でしたが、朝から晩まで私たちの為だけのガイドさんが
つきっきりで案内してくれましたからね♪
時間のロスが少なく、めいっぱい観光を楽しむことができました!!

自分たちが行きたい所で、時間の許す限り楽しめたりするのは、
個人ガイドさんならではですよね☆

ツアーで、私たちと同じように『マドリッド・トレド・グラナダ・セゴビア』
この4都市を存分に楽しむのは無理です!!
もちろん、おいしい食事付で♪

せっかく長い時間飛行機に乗ってたどり着いたなら、
現地の美味しいものをたらふく食べたい!!という
私たちの、旅の目的は120%叶えられました♪♪♪

ステキな旅のガイドを、本当にありがとうございます!!
観光名所のガイドも完璧でした!!
雰囲気も味も満点のレストラン♪
予算にあった、旅の計画←これが重要なんです!
なんとなくな、私たちの計画を『楽しい旅』に組み立ててくれました。
更に、なんとなくなまま旅立って現地で決定、といった要素にも
完璧に対応して下さいました!!

佐々木さんに、スペインの旅をお任せして本当に良かったです!

そうそう、スペインで出すはずだった葉書。
結局日本まで自分たちで空輸しました(笑)

また、HPの記事にも協力しますので、
こんな感想が知りたい!などありましたら、
メールで教えて下さい♪


それでは、佐々木様も年末に向けてお仕事が目白押しとの事。
お体に気をつけて、お過ごし下さい。
奥様やお嬢様にもよろしくお伝え下さい。

・・・・・・・・・・・・・・

<お客様の声>


佐々木のおっちゃんへ、
日本に帰って来てもう、一週間もたちました。
まずは、たまった仕事に追われ返事が遅くなったこと、お詫び申し上げます。
振り返ってみて 
旅の間中、いつも自然と笑っていたような気がする。
時差ボケでヘロヘロだったり、歩き疲れてぐったりだったり 
そんなことですら楽しかったように思う。
大げさかもしれないが、
毎日、朝から驚きと感動につつまれ、
まるで子供のころのように素直にはしゃいだ。
「新婚旅行」
ということで、行き先にスペインを選んだ時は、あまり乗り気じゃなかった奥様。
おもいっきり僕より楽しんでました(笑)
ネットで偶然見つけたページから始まり、ほぼ一年近くの準備を進め
不安と期待が入り交じりながらも、現地までたどり着いたとき 
ちゃんと佐々木さんに会えて、ほっとしたのを覚えている。
あっというまの、8泊10日。
歴史の成り立ち、文化の融合、立場と思想、自然の恩恵、様々なことに出会い
人の持つやさしさに触れる瞬間もありました。
本当に素敵な旅。
ありがとう。
日本に帰ってきた今も、写真を見返しながら、また自然と笑っている自分に気づき
あらためて心から、「大成功のスペイン新婚旅行」だったなと思う。
最後に、
何から何まで、言い出したらきりがない程に
良くしてくれたおっちゃん!
おっちゃんに「旅」頼んでほんとうに良かった!! 
ありがとうございました!!!              
 
(以下、嫁のフェイスブックより抜粋)
8月21日スペインから帰ってきました!
私たちの新婚旅行は、スペインに35年間住む日本人のおっちゃんガイドとの旅でした。
 旦那がネットで見つけたそのおっちゃん。
最初は新婚旅行に3人で回るの?と複雑な思いもあったのだけど…
 もうね!!最高!!うちら超幸せ!!!スペインを離れる時には涙が止まらなかった。
そんな素敵な出会いがたくさんの新婚旅行になりました。
マドリッド、トレド、グラナダ、バルセロナ、セゴビア…今まで見たことないスケールの建築物の数々。
おっちゃんが時代背景から裏話まで一つ一つしっかり説明してくれて、
ガウディの想いを感じながら見たサグラダファミリアはほんと最高に感動した!(゚∀゚) 
おっちゃん行きつけのお店で美味しいスペイン料理。
生きたオマール海老まるごと!生ハム!エスカルゴも食べて!
子豚の丸焼きも!パエリアはマジおいしかった!
 毎日昼からお酒飲んで、夜はバル巡り。
お酒が好きな私たちには最高なぜいたく!!o(〃'▽'〃)oあははっ
 
踊り子の目の前で超ど迫力のフラメンコを楽しんだり、
別の日にはカタルーニャ音楽堂の美しすぎるホールで、洗練されたフラメンコも鑑賞しました♪
16世紀からの古いお屋敷ホテルに泊まったり、二人でビーチでのんびりしたのも気持ちよかった(*^▽^*)
そしてサッカー観戦!!出発直前にお願いしたにも関わらず、
すぐにチケットとってくれて、2階のめちゃイイ席で10万人の人たちとバルサの応援!ヤバかった~(*^ー゚)b  
スペインはカラッとしてるけど、日差しがめちゃ強くて暑かった!!
 私、熱中症になりました…(◞д◟)
アクエリアスを差し出してくれた人。自分の水を私の頭にかけてくれた人。冷たいスプレーを貸してくれた人。
外国に来てこんなに人に助けられることになるとは…人の温かさが本当にありがたかった。
その時はそれどころじゃなかったけど…(´・д・`)アリガトウ
 
書き出すときりがないけど、本当に楽しかった!!!最高だった!!!おすすめですスペイン!
写真からスペインの雰囲気を感じてもらえたら嬉しいです(∩_∩)
そしてなにより!うちらのために8日間付きっきりで最高の演出をしてくれて、
スペインについて、人生について熱く語ってくれて、
仕事の枠を超えてたくさんの幸せを与えてくれたおっちゃんに感謝!!m(_ _)mアリガトウゴザイマシタ 
そして、旦那さんと一緒にこんなに素敵な旅行ができて幸せだなと改めて感じました。ありがとう(*´∀`)゚・*:.。..。.:* 
これからも周りに感謝する気持ちを忘れず
一日一日大切に生きよう。  

<お客様の声>

先日は8日間大変お世話になりました。
今回、佐々木さんのガイドでスペインを旅行しとてもスペインが好きになりました!
旅行中もお話しましたが
初めは旅行会社のパックツアーでスペインの旅行に行こうと考えていたのですが、せっかくの新婚旅行なのだからパックツアーではなくて
個人で行こうと決めました!
サクラダファミリアの夜景、地元の人たちが行く居酒屋!体験してみたいと!
しかし、初めての海外旅行、言葉も通じない国で個人旅行なんて出来るわけがないと思って半分諦めていました。
しかし、ネットでスペインの検索をしていたらふいに佐々木さんのブログにいきついたのですす!(どのようにいきつたかは覚えていませんが)
佐々木さんのブログをみるうちに、僕たちのしたかった旅行はこういうものだと思い連絡をしました!
ぜひ、迷ってるお客さんがいたら僕の連絡先を教えて頂いて構いません。
友達からヨーロッパに旅行に行く時は日本食が恋しくなるから、
日本のカップラーメンとかお菓子とか持って行った方がいいよって言われたのですがそんなのただ重いだけで無駄でした…
これもひとえに佐々木さんの連れて行ってくれたバル、タベルナ、メソンに行けたことですね!!
スペイン料理はとても美味しく大満足しました!!
本格的なパエジャ、ムール貝、キノコ類、スペインの人たちが食べているパンの食べ方、どれをとっても美味しかったです!!
最幸でした!←これは最も幸せと書いてサイコウと読みます。笑
また、アルハンブラ宮殿の夜景、サクラダファミリアの夜景、佐々木さんに手配して頂いた月付きの(笑)これもとても綺麗で!
そしてスペインの歴史に触れられ勉強になりました。
本当にいいところを書いたらキリがないのでこの辺で終わりにしますが、旅行中は本当にお世話になりましたm(_ _)m
今度、家でお土産に買ってきたものでスペイン祭りをしようと思っています!
まだまだ、スペインの余韻に浸ろうと思っています!!
サクラダファミリアが完成するころにはまた、スペインに行けたらいいなぁと思っていますので、その際はまたよろしくお願いします!



<お客様の声>

佐々木さんへ
スペイン8日間の新婚旅行、
とても楽しい時間をたくさん過ごすことが出来て、
本当に心から感謝しています。
私達が成田を出発する前日の12/4、
スペインの空港管制塔ストライキがあり、
佐々木さんは私達を気遣って、
国際電話をかけてきてくれましたね。

「12/5は大丈夫!!」との連絡を受けて、
成田から出発し、オランダを経由して、
スペイン マドリッドへ到着しました。
空港に着いて、佐々木さんにお会いした時は本当にホッとしました。
お互い初対面なのに、直ぐに分かりましたね。

佐々木さんは費用を抑えながらも、
見るべきところはしっかり案内してくれましたね。
毎日の時間を有効に活用してくれたので、
行った先々でとてもよい思い出を作ることが出来ました。

私の希望で、
FCバルセロナのサッカー場見学を取り入れてくれました。
メッシに会うことは出来ませんでしたが、
公式記者会見場で妻と2人、
優勝トロフィーを掲げて記念撮影が出来て、
これ以上ない、最高の思い出が出来ました。

私達夫婦は海外旅行に不慣れな上、
ヨーロッパに訪れることも初めてでしたので、
正直、自分達でスペインまで行けるのかどうか不安でした。

でも、佐々木さんが事前に「旅の案内」を送ってくれたお陰で、
時間と心にゆとりを持って辿り着くことが出来ました。
もし、私達夫婦のように、
これから新婚旅行等でスペインを訪れようと考えている方達がいたら、
何も不安に思わず、思い切ってスペインを旅してほしいと願います。
そして、一般の旅行ツアーではなく、
やはり現地での生活を長く行っているガイドの方達から
直接旅の案内をして頂くことをお勧めします。

スペインを訪れる機会に今後また恵まれた時、
佐々木さんに案内頂ければと思います。
その時は、グラナダに足を運んでみたいです。

これからも、スペインを訪れた方達に、
最高の思い出と有意義な旅を演出してくださいね。

本当にありがとうございました。

拍手[9回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***