佐々木郁夫のぶろぐ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/19 ふじかわ夫妻]
[04/13 NONAME]
[03/24 八澤]
[02/23 鈴木]
[01/12 Cage]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
佐々木郁夫
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1952/04/10
職業:
観光通訳ガイド
趣味:
音楽、絵、人を楽しませること
自己紹介:
1978年スペインに渡る。
フラメンコギターをパコ・デル・ガストールに習う。
ドサ回りの修行の後、観光通訳ガイドをはじめる。

現在、
日本人通訳協会会長、
SNJ日西文化協会副会長、
マドリード日本人会理事。

ぼんちゃんへのメール送信は、こちらから
バーコード
ブログ内検索
カウンター

           リオハ、     リオハ、バスク、ピレネーの『温泉とトレッキング』
 
             アンドラ公国、バルセロナへの旅

 
    
         9月21日成田発  9月30日成田着
   

訪れる所

マドリッド、ラグアルディア村、サン・セバスティアン

オンダリビア、パンプローナ、ハビエル、ベナスケ、

エスポット、モンセラット、バルセロナ

企画・案内 佐々木郁夫

協賛 SNJ日西文化協会 ・ AIN
日本人通訳協会 
 ( スペイン政府公認 )


ワインの産地・リオッハ地方と、グルメのバスク地方、

ピレネー山脈にて「トレッキング」と『温泉』です。
 自然を楽しんでいただき、

アンドラ公国、モンセラットに泊まる、『漫遊の旅』です。

 

マドリッドから専用バスにて、ワインの産地・リオハのワイナリーを訪問し、ワインと共に「郷土料理」です。翌日、「牛追い祭り」・ヘミングウェイで有名なパンプローナの街の散策。そして、「グルメ・創作料理」で有名な、バスク地方へ向かいます。サンセバスティアンの「コンチャ海岸」を散歩。そして、オンダリビアへ向かい、フランス国境の街に2泊します。 

翌朝、小船に乗って、海水浴と『カフェ・オレ』を飲みにフランスに渡ります。昼食は、スペインに戻って、今評判のスペインの創作料理、バスクの『グルメ(ピンチョス)』を堪能していただきましょう。

翌日、フランシスコ・ザビエルの「ハビエル城」、ピレネー山脈の「ベナスケ」の街に2泊して、「トレッキング」と「温泉(スパ)」で身体を癒しましょう。翌日、エスポットの国立公園でもトレッキングを楽しんでいただき、アンドラ公国を訪れ、カタルーニャ精神の故郷・モンセラットの泊まります。そして、完成近い「サグラダ・ファミリア」を見学 バルセロナに泊まります。

 

* 食事

基本的にフリーです。土地の人たちに人気のあるレストランを聞いてご紹介します。

* 温泉では、水着、スリッパ が必要ですので日本から持ってきてください。


一日目(9月21日 日曜日)

  集合時間  08:00 

  集合場所  成田国際空港、国際線、出発ロビー

   KLM・オランダ航空チェックインカウンター前。 

*出発時間 10:30  KL0862 便 

  (飛行機の中は、クーラーが効きすぎて寒いので注意してください。)

    15:00 アムステルダム到着( 経由 )

    16:50  KL1705  アムステルダム 出発      

     19:25 Madrid 到着

 私〔佐々木〕が空港で出迎え、専用バスにてホテルまでお送りします。

マドリッド泊

二日目(9月22日 月曜日)

08:30 専用バスにて旅が始まります。 





前方に、大きな闘牛が、、、、



 少し休憩。





 リオッハのブドウ畑

 ワイナリーに到着



  ワイナリー見学 

















ワイナリーのオーナーのおっちゃんが
  挨拶に来ました。





昼食 ワイナリーにて、リオハ地方・郷土料理です。



このワイナリーの、赤と白ワインで乾杯!








「モルシージャのトマトソースあえ」





豆料理


ジャガイモと「チォリソ(腸詰ソーセージ)」













『よく食べるわね! ・・・3回目のおかわりよ!』
  『ほんとに!!』
 


 この『葡萄の枝』でお肉を焼きます。














 都会では食べられません。












 食後の散歩は、、、











 『赤ワインよ~』




 皆さんは知りませんが、ガイドの私は、
  後で怒られたのです。

 『私は、トイレに行っていましたので、知らないな~』

・・・・と、とぼけました。。。。。。。。


 ここは、『白ワイン、、、』




  甘くて美味しい『デザート』でした。。。。




 食後、 専用バスにて、ラグアルディア村へ 


  ラグアルディア村 散策
































専用バスにて、パンプローナの街の郊外のホテルへ





 ホテルの前の『牛追い祭り』


   ホテルで、休憩。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

夕食 ホテルで簡単につまみます。













 パンプローナ郊外 泊 




拍手[4回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示


ぼんちゃん紹介

本名:佐々木郁夫
誕生日:1952/04/10
職業:観光通訳ガイド
居住地:マドリード
役職:日本人通訳協会会長、マドリード日本人会理事
連絡先:こちら

あだ名は「ぼんちゃん」。これは、フラメンコギタリストとして、"エル・アルボンディガ(ザ・スペイン風肉団子)"という芸名を持っていたため。アルボンディガのボンからぼんちゃんと呼ばれるようになった。
案内するお客さんにも、基本的にぼんちゃんと呼ばれる。このため、本名を忘れられてしまうこともしばしば。 続きを読む

Copyright: 佐々木郁夫。。All Rights Reserved.

Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


***